車の下廻り防錆コート塗装の重要性

 

今年は雪が大変少なかった飛騨高山ですが、
全く降らないわけではなく、塩カリは頻繁に散布されています。

下の写真は車検で入庫した車ですが、ご覧下さい。
足廻りにこんなにもひどい錆が出てしまっています。
部品を交換しないと危険な状態です。

n08_0197

下廻りの塗装や洗浄を怠っていると、こんなにも
ひどい状態になります。
そして、部品交換を余儀なくされ、結局高いお金が
かかってしまいます。

下の写真は防錆コート塗装を実際に行っているところです。

n08_0210

2年に一度、車検の際には是非施工されることを
お薦めします。それも、一般のシャーシブラックでは
塩害に弱いので、当店の強力な塗料をお薦めします。
多少お金はかかりますが、上の車のように、
部品が腐ってしまい部品交換にお金がかかってしまうことを
考えると、まめに防錆コート塗装したほうが安上がりですし、
何よりも安全・安心です!

錆びた足廻りのせいで思わぬ事故にあうとも限りませんし・・・

ところで、当店では下の写真のような実験を行っています。

n08_0222

防錆コート強力シャーシブラック塗料、普通のシャーシブラック塗料、
なにも塗装されていない金属の3つに塩カリを付着させ、
どのくらい錆びるのか?
結果がでたらこのページでご紹介します。

愛車を長持ちさせ、安全・安心に乗っていただくためにも、
車検と防錆コート塗装を是非雁川原自動車でお試し下さい!
また、車検時に限らず、防錆コート塗装のみも行っています。
もうすぐ春!塩カリで痛んだ車の下廻りを綺麗に、ぴかぴかにしませんか?