雁ヶ腹摺山からヤッホー

 オイラ(雁川原)が500円紙幣の富士山の写真の山へ

姥子山 (うばこやま) 1,503m

雁ヶ腹摺山 (がんがはらすりやま) 1,874m 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後も頑張る励みになるので登山のバナーをクリックしてチョウダイ!

雁ヶ腹摺山がーみん

2013年10月27日山梨県大月市の姥子山雁ヶ腹摺山をめざしました。

251027雁ヶ腹摺山

雁ヶ腹摺山登山道の断面図。

雁ヶ腹摺山カシミール

雁ヶ腹摺山で写真を撮影した主な場所。

251027雁ヶ腹摺山01

 山梨県大月市賑岡奥山の金山鉱泉上の駐車場より7時47分単独で登山開始。

  251027雁ヶ腹摺山02

 水量の多い土沢の谷を何回も右岸と左岸へ渡りながら登りました。

251027雁ヶ腹摺山03

 小さな滝があり綺麗でした。

251027雁ヶ腹摺山04

 花崗岩が砕け砂になった登山道を登ります。

251027雁ヶ腹摺山05

 8時55分金山峠の分岐に到着。

251027雁ヶ腹摺山06  

金山峠から一旦下ると小俣川の林道に出てこの林道を5分くらい登り、また登山道に取り付きました。

251027雁ヶ腹摺山07

 この辺りの登山道からボチボチ黄葉が現れる。

251027雁ヶ腹摺山08

登山道の脇の大きな岩。

251027雁ヶ腹摺山09

 再び林道に出て右方向へ進み姥子山をめざす。

251027雁ヶ腹摺山13

 10時14分姥子山(西峰)の山頂に到着。ヤッホー

251027雁ヶ腹摺山11

姥子山の紅葉・黄葉。

251027雁ヶ腹摺山14

姥子山の山頂から下山し林道を横断して雁ヶ腹摺山へ向かう。

251027雁ヶ腹摺山15

登山道の脇に槍ヶ岳の形に似た大きな岩があった。

251027雁ヶ腹摺山16

広葉樹林の登山道は気持いいな!

251027雁ヶ腹摺山17

 モミジの紅葉美しいな。

251027雁ヶ腹摺山18

 登山道の脇には大きな岩が幾つもあり何か要塞のようでした。

251027雁ヶ腹摺山19

黄色が鮮やかな黄葉が眩しかった。

251027雁ヶ腹摺山21

雁ヶ腹摺山の山頂が目の前に見えてきました。

251027雁ヶ腹摺山22

11時30分雁ヶ腹摺山の山頂に到着。ヤッホー

251027雁ヶ腹摺山25

雁ヶ腹摺山の山頂に到着し、早々に昼食(今回から寒くなったのでラーメンです)。

251027雁ヶ腹摺山26

 雁ヶ腹摺山は500円紙幣の富士山を撮影した場所です。

251027雁ヶ腹摺山33

500円紙幣の富士山はこんな感じ。

800px-Series_B_500_Yen_Bank

500円紙幣の写真。

251027雁ヶ腹摺山28

雁ヶ腹摺山の標柱と富士山。

251027雁ヶ腹摺山30

雁ヶ腹摺山の山頂で記念撮影。

251027雁ヶ腹摺山32

雁ヶ腹摺山の看板。

251027雁ヶ腹摺山35

12時3分雁ヶ腹摺山の山頂より下山開始。

251027雁ヶ腹摺山40

白樺平まで下山。

251027雁ヶ腹摺山42

姥子山分岐の林道の上から富士山よさようなら!

251027雁ヶ腹摺山43

12時42分姥子山分岐の林道まで下山。

251027雁ヶ腹摺山46

金山峠の分岐まで下山。

251027雁ヶ腹摺山48

土沢の谷の光景。

251027雁ヶ腹摺山49

 金山鉱泉の林道まで下山。

251027雁ヶ腹摺山50

14時10分金山鉱泉登山口まで無事下山。

山の神さまに見守っていただき無事下山出来ました。

ありがとうございました。

 

雁ヶ腹摺山はオイラの名字とよく似た名前なので以前から興味があり今回登頂しました。

登山口から雁ヶ腹摺山まではあまり展望も良くなく、(姥子山の東峰は展望が良いみたい)退屈な登山でしたが山頂の展望は素晴らしく感激しました。

500円紙幣で有名なのに思ったより登山者が少なかった。

 

天気・晴れ

登山開始時間 7時47分   登山終了時間 14時10分

水平距離 13・0km   沿面距離 13・4km

経過時間 6時間22分   移動時間 5時間30分

全体平均速度 2.1km/h   移動平均速度 2.4km/h

最高速度 10.8km/h   昇降量合計 2389m

総上昇量 1202m   総下降量 1187m

Filed under: 山登り — masao 10:47 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. またまた登りましたね。「雁」の山に。
    相変わらず晴れ男。素晴らしい。
    今日、左俣谷から奥丸山へ。下山は右俣谷へ。
    寒風が厳しゅーて、山頂ランチ後即下山。
    ヤッホーおやじサンみたいに晴れませんでした。2600m辺りから一面のガスで、360°大展望は期待外れ。白出辺りまで下山した頃に雨・・・・・。
    また工場寄ります。

    Comment by サチ — 2013年10月29日 9:31 PM
  2. 往復で6時間30分の遠い所の山へ登ってきました。
    1,000座の登頂と、「雁」の字の山を目指し今後も頑張るぞ!

    奥丸山の天気が悪く笠・双六・槍・穂高・焼・乗鞍が望めず残念でした。
    今度、天気の良い日に個人的にでチャレンジして下さい。

    Comment by masao — 2013年10月30日 7:41 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>