扇山・赤祖父山からヤッホー

 カタクリ・イワウチワ・バイカオウレン・ミスミソウ・残雪がお出迎え

扇山 (おおぎやま) 1033m

赤祖父山 (あかそふやま) 1026m

260427赤祖父山79

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山のバナーをクリックして下さい。

お願いします。

赤祖父山がーみん

2014年4月27日富山県南砺市の扇山赤祖父山をめざしました。

260427赤祖父山

扇山と赤祖父山登山道の断面図。

赤祖父山かしみーる

扇山と赤祖父山で写真を撮影した主な場所。

260427赤祖父山01

A 富山県南砺市川上中の林道より8時51分単独で登山開始。

260427赤祖父山02

登山道の脇に咲く花(名前は不明)

後日、山レコ友からミヤマカタバミの花と教わる。

260427赤祖父山03

登山道の脇に咲く花(名前は不明)

後日、山レコ友からキクサキイチゲの花と教わる。

260427赤祖父山04

登山道の脇に咲くミスミソウの花。

260427赤祖父山06

B 登山道の脇に咲くカタクリの花。

260427赤祖父山07

登山道の脇に咲くタチツボスミレの花。

260427赤祖父山08

登山道の脇に咲くショウジョバカマの花。

260427赤祖父山09

登山道の脇に咲くツバキの花。

260427赤祖父山11

登山道の脇に咲くミスミソウの花。

260427赤祖父山12

登山道の様子。

260427赤祖父山14

登山道の脇に咲くイワウチワの花・

260427赤祖父山18

イワウチワの花とショウジョバカマの花。

260427赤祖父山20

ミスミソウの花とイワウチワの花

260427赤祖父山21

D 登山道の様子。

260427赤祖父山23

登山道の脇で沢山咲いていたミスミソウの花。

260427赤祖父山24

イワウチワの花。

260427赤祖父山27

E イワウチワの咲き乱れる登山道。

260427赤祖父山28

登山道の脇に咲くヤマザクラの花。

260427赤祖父山29

登山道の脇に咲くイワナシの花。

260427赤祖父山30

タチツボスミレの花。

260427赤祖父山32

10時5分林道出合に到着し、林道を横切り再び登山道を登りました。

260427赤祖父山34

F 林道出合までの登山道は花々が咲き乱れた登山道でしたが、林道出合を過ぎてからは登山道の様子は一変して残雪の道になりました。

260427赤祖父山35

登山道はスギ林から気持ちの良いブナ林となりルンルン気分で登りました。

260427赤祖父山39

G 10時40分扇山の山頂に到着。ヤッホー

260427赤祖父山38

扇山の山頂の展望は全く望めず赤祖父山へ向かいました。

260427赤祖父山40

H 扇山の山頂から赤祖父山の山頂へ向かう途中の登山道の様子。

260427赤祖父山41

I 10時57分赤祖父山の山頂に到着。ヤッホー

260427赤祖父山42東

赤祖父山の山頂から東方を望む。

260427赤祖父山43南

赤祖父山の山頂から南方を望む。

260427赤祖父山44西

赤祖父山の山頂から西方を望む。

260427赤祖父山45北

赤祖父山の山頂から北方を望む。

260427赤祖父山46

J 11時2分赤祖父山の展望地に到着。

260427赤祖父山50

赤祖父山の展望地で昼食。

260427赤祖父山48

赤祖父山の展望地から南砺市の街を望む。

260427赤祖父山51

赤祖父山の展望地で南砺市の街をバックに記念撮影。

260427赤祖父山55

11時36分赤祖父山の展望地から下山開始。

260427赤祖父山57

赤祖父山の山頂附近

260427赤祖父山60

11時40分赤祖父山の山頂まで戻る。

260427赤祖父山62

 K 赤祖父山と扇山の中間のピークからの展望①

260427赤祖父山62

赤祖父山と扇山の中間のピークからの展望②

260427赤祖父山66

残雪の登山道の日当たりの良い所に咲いていたバイカオウレンの花。

260427赤祖父山67

11時58分扇山の山頂まで下山。

260427赤祖父山71

L 12時17分林道出合まで下山。

260427赤祖父山80

カタクリの群生地。

260427赤祖父山81

花の名前が不明ですがとても綺麗な花でした。

後日、山レコ友からキバナイカリソウの花と教わる。

260427赤祖父山83

登山口の近くに咲いていたツバキの花。

260427赤祖父山84

12時56分登山口まで下山。

山の神様に見守られ無事下山できありがとうございました。

***

赤祖父山の登山道は登り始めのがスギ林の藪道で歩き難いが踏み後はしっかり付いていましたが、50分程度登った辺りから登山道の藪も無くなり、スギ林からブナ林になった辺りからルンルン気分で登れました。

山頂の展望は天気が良いので期待して登りましたが、扇山と赤祖父山の山頂の展望は木々が茂り望めませんでした。

登山道の花々はカタクリ、イワウチワ、ショウジョバカマ、バイカオウレン、ミスミソウ、ヤマザクラ等とても綺麗で感激しました。

***

天気・晴れ

登山開始時間8時51分   登山終了時間12時56分

水平距離6.7km   沿面距離7.0km

経過時間4時間4分   移動時間3時間5分

全体平均速度1.7km/h   移動平均速度2.3km/h

最高速度33.8km/h   昇降量合計1334m

総上昇量731m   総下降量603m

Filed under: 山登り — masao 10:19 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. ついに山野草図鑑専門カメラマンに転向か~?(^_^;)
    素晴らしい花の画像に癒されます(^-^)
    そやけど富山の山は花の種類が豊富やな~(^o^)
    花も眺めながら登山出来る今が一番かも(^。^;)

    Comment by サチ — 2014年4月29日 12:00 AM
  2. 3回連続で富山遠征に行って来ました(^。^)
    春と冬の両方が楽しめて\(^o^)/満足。
    雪割草(ミスミソウ)は飛騨ではあまり見かけないので必死でシャッターを押しました。
    アルプスは高山の花、北陸は里の花が綺麗みたいです〈( ^.^)/ 
    次回は何処の山へ行こうかな?
    今度、大木場ノ辻へ登る計画を立てている方も神岡に居ますので宜しく!

    Comment by masao — 2014年4月29日 8:17 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>