背筋がゾ-ッとなる!

  もう少しで燃料タンクが

平成15年式のキャリーバン(DA62V)の

燃料タンクのフレーム側の取付部が腐食し脱落する処でした。

防錆02

車両をリフトアップして後方から見るとこんな感じ。

防錆03

右側のコの字型のフレームが錆びて腐食しボロボロです。

防錆01

腐食部分をタイヤ側から見てもボロボロです。

工場へ入庫しないでこのまま乗っていれば、燃料タンクが脱落し、燃料が漏れて、路面と燃料タンクが擦れ火花が出て、洩れたガソリンに着火し車両火災になる所でした。

お客さんは、こんな状態になっていた事に全く気付いていなくビックリされました。

*****

この様になる事を防ぐ為、冬季は走行後下廻りの洗車を毎回行うか

我が工場で施工している防錆コートをお薦めします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村

高山情報のバナーをクリックして下されば感謝します。

Filed under: 仕事,自動車 — masao 4:21 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 天候不安定な日が続く時は、お利口サンしてるに限りますf(^^;
    下界でもチョット肌寒い日もあるんで、低体温に見舞われないよう防寒装備万全が一番!
    それにしても見えない車低部の錆び被害は恐ろしい~Σ(゜Д゜)

    Comment by sachi — 2015年6月21日 8:57 PM
  2. 天気予報で上空5,000mに寒気が流れ込んでいるので要注意との事、
    こんな時は家でお利口にしていなきゃ。
    登山は、天気と山小屋の人に逆らうと碌なことにならん\(●o○;)/

    貴殿のお車は下廻りを洗い過ぎで錆はでていませんのでご安心下さい(^_-)-☆

    Comment by masao — 2015年6月22日 11:53 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>