有明山からヤッホー

 急登、樹林帯、ハシゴ場、クサリ場の登山道

有明山 (ありあけやま) 2268m

有明山

2015年8月23日長野県安曇野市の有明山をめざしました。

7時26分長野県安曇野市穂高有明の有明荘の手前の待避所より単独で登山開始。

270823有明山04

登山道にはこのような長いハシゴが幾つかありましたが滑り易く緊張して登り降りしました。

270823有明山05

有明荘の裏の第三駐車場の登山口から有明山の南岳までの登山道は樹林帯の中を登りました。

270823有明山09

登山道にはクサリ場も数箇所ありました。

270823有明山18

有明山の北岳には立派な鳥居があり、鳥居の向こうの祠で今日の安全をお願いする。

270823有明山20

11時35分有明山の三角点に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

270823有明山34

下山途中のクサリ場。

270823有明山39

第二駐車場の上にはこんな滝もありました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山のバナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします。

*****

有明山は花崗岩の巨石から出来た山で、昔から神話や伝説の舞台となってきた山だそうです。

天照大神が岩戸にこもった際に、手力男命が岩を投げた時にここに落ち天下が明るくなった山である伝説が、山名の由来の一説だそうです。

山頂は北岳、中岳、南岳の3峰からなり、「信濃富士」とも呼ばれている。

それぞれの峰には祠が祀られ神の山と感じました。

この山は、歴史ある山だが、傾斜が急なため、登る人は少ない。

その為、開発の手が入らず、自然のままの山でした。

登頂した感想は、急登の登山道、ロープ場、ハシゴ場、クサリ場、樹林帯、シャクナゲ林などで、展望はイマイチでしたが山頂の祠にお参り出来満足でした。

有明山の神様に見守られ無事下山できました(有明山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 山登り — masao 10:44 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 有明山\(^^)/お疲れ様でした。
    登山道は歩きにくい(;o;)ってな事やけど、晴れとれば、大展望に酔いしれとったのに(>_<)

    Comment by sachi — 2015年8月24日 10:54 AM
  2. 残念!
    有明山は展望が望めない山でした。
    曇りの日に登る山ですよ_(..)_
    たぶん信仰の山です(^人^)
    天気の良い日は展望の良い山へレッツゴ~

    Comment by masao — 2015年8月24日 3:51 PM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>