飛騨の神社めぐり その4

新宮神社 (しんぐうじんじゃ)

岐阜県高山市新宮町1460番地

新宮神社の主祭神

家都御子神(けつみこのかみ)

速玉男之神(はやたまのおのかみ)

 事解之男命(こととけのおのみこと)

新宮神社の摂末社祭神

菊理姫命(くくりひめのみこと)

 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

 伊邪那美命(いざなみのみこと)

280417新宮町・新宮神社01

新宮神社の鳥居

280417新宮町・新宮神社02

新宮神社の本殿

新宮神社の由緒由来

創祀未詳なれども、口碑によれば往古当社を距てる南方一里、字宮ヶ洞高岳の本宮俗に國造の森に在りしを中古二條天皇の御代今の地に奉遷熊野新宮那智の三社を奉祀せりとなり。境内に高雄山神宮寺もありて後深草天皇の建長年間に白山社を合祀。降って永正の頃領主三木良頼永禄九年国司姉小路自綱万治二年領主金森頼直等社殿造営修復に力を致せり。現在の社殿は昭和八年起工同十二年竣工権現造に倣ひたるものなり。

白山神社 (はくさんじんじゃ)

 岐阜県高山市下林町2387番地

白山神社の主祭神

菊理姫命(くくりひめのみこと)

伊邪那岐命(いざなぎのみこと)

伊邪那美命(いざなみのみこと)

白山神社の摂末社祭神

五十猛命(いそたけるのみこと)

280417下林町・白山神社01

白山神社の鳥居

280417下林町・白山神社02

白山神社の本殿

白山神社の由緒由来

当神社の創立は不詳なるも里説に上古この地開発の時に國魂神を奉祀せし神社なりしが後嵯峨天皇建長七年河上荘(当地方の苗郷名を河上と云ふ)を白山社別当美濃國郡上郡長瀧寺の領として下賜の綸旨ありしより其使僧が白山神を勧請合祀せしより古伝を失ひしものなりとぞ。古来当区の産土神にて文政九年六月改築明治四年九月村社に列す。

Filed under: 散歩 — masao 8:24 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 神社vol.4(^^)v
    今日は昨夜から続く強風で、道路は杉の葉の絨毯(>.<)ハウスのビニールはバタバタするし(◎-◎;)
    熊本、大分では未だ余震が続いてて被災者皆さんの心労はいかほどかと察します(–;)
    ヤッホーさんの祈りが被災地に届くと良いですね。

    Comment by sachi — 2016年4月17日 9:00 PM
  2. 午前中は春の嵐でさすがに山へは登れず(∩_∩;)P
    まあ被災地の方々の事を思えば1回くらい山え登れなくともいいか?

    午前中は工場で仕事をして午後から神社めぐり(^人^)
    被災地の1日も早い復興を祈りました。

    Comment by masao — 2016年4月18日 8:15 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>