大倉山からヤッホー

 早月川河畔にある弧高の山

大倉山 (おおくらやま) 1443m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョウダイ!
にほんブログ村

大倉山

2016年6月12日富山県中新川郡上市町の大倉山をめざしました。

280612大倉山04

8時2分富山県中新川郡上市町蓬沢の桑首谷の大倉山登山口より単独で登山開始。

280612大倉山14

標高1000mの石柱。

標高1000m地点までの登山道はロープが張られた急登の登山道でしたのでここで小休止。

280612大倉山15

大木のスギの木。

280612大倉山20

樹林の間から望めた釼岳。

280612大倉山29

10時45分大倉山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

大倉山の山頂は樹林におおわれて展望はよくありませんでした。

280612大倉山39

大倉山の山頂で記念撮影(セルフ)

280612大倉山33

大倉山の山頂から少し東へ行ったところの展望地からの光景。

********

東海地方も梅雨になり天候がイマイチなので北陸の富山県の山へ行きました。

早月川と片貝川の分水嶺は、猫又山から派生する長い東芦見尾根である。

大倉山は東芦見尾根の中間部にあり、富山市街から見ると、毛勝三山中央の釜谷山の前面にあり、判別のつきにくい山であるが、上市駅前あたりでは稜線の形がはっきりし、折戸あたりまで近づくと、編み笠のような形に見えることから地元では「笠」と呼ばれているそうです。

登山口は桑首谷に沿う林道を進み、途中で山腹を横切る林道を渡りそのまま桑首谷に沿って進んだ林道終点が登山口でした。

登山道は最初から急な尾根を直登して行くと、標高を示す数字が白い御影石に刻まれていて100m間隔で立っているのでおおよその目安になり助かった。

標高800mから標高1000mまではロープが張られた急登で汗びっしょりで登り、標高1000m地点で小休止してその後、傾斜の緩やかな尾根道を登りました。

標高1200m地点の鞍部からは最後の急登になり、ここを登り切ると大倉山の山頂台地に着き、しばらく登ると大倉山の山頂に着きました。

大倉山の山頂から少し東へ行くと剱岳の望める展望地があり剱岳を満喫し、再び大倉山の山頂に戻り、昼食を済ませ下山しました。

今日は蒸し暑く汗びっしょりの山登りとなりました。

大倉山の神様に見守られ無事下山できました「大倉山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 9:53 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>