猿投山からヤッホー

 今年最後の山登りは干支「猿」の山

猿投山 (さなげやま) 629m 2回目 1・2

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b1

2016年12月25日愛知県豊田市の猿投山をめざしました。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b101

8時6分愛知県瀬戸市白坂町の雲興寺の駐車場から単独で登山開始。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b105

沢沿いの登山道に作られた木の階段。

登山道は整備され歩き易かった。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b115

登山道の樹間からの光景は恵那山と中央アルプスが望めました。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b116

目の前に猿投山の山頂が見えます。

登山者が数人休憩中です。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b117

9時38分猿投山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

猿投山の山頂は風が強くとても寒かったので、早々に食事を済ませ下山開始しました。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b121

猿投山の山頂付近から望めた御嶽山。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b125

北歩道コース分岐「陽だまりの休憩所」から望める光景。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b138

登山口付近にある池の光景。

*******

猿投山は尾張と三河の国境に位置し、標高は629mとあまり高くないが、濃尾平野の東の端に位置している一等三角点の山です。

雲興寺のに参拝して、寺のすぐ前の県道を横切り、小さな橋を渡ったらすぐ左へ曲がって5分程度進み沢を渡り右へ曲がると、この辺りから道は登山道らしくなる。

樹林帯の登山道を沢沿いに登って行くと木で作られた階段がある辺りから登山道は急坂になり、急坂を登りきって左へ曲がると鉄塔と休憩所がある。

鉄塔からは緩やかな尾根道となり、アップダウンを繰り返して右へ曲がり、少し急な坂を下るとトイレのある広場があるり、その手前の分岐を左の北歩道コースへ向かいました。

歩き易い登山道を進んで行くと右側に桧平窯跡があり、さらに進むと林道に出て、ここを登って行くと林道は行き止まりとなり、再び樹林帯の登山道となりました。

樹林帯の登山道は本日のコースで一番の急登で大きな岩があり、岩の所を過ぎて、しばらく進み尾根の分岐「陽だまりの休憩所」に着き小休止し、山頂へ向かいました。

稜線のアップダウンの登山道を進んでしばらく進むと猿投山の山頂に到着しました。

山頂の展望は瀬戸の街が望め、遠くに御嶽山、白山、恵那山等が望めましたが、風が冷たくてとても寒く、早々に食事を済ませ下山しました。

猿投山の神様に見守られ無事下山できました「猿投山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みました。

Filed under: 仕事 — masao 9:48 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 猿投山で鳥(ポッポ)をゲットとは(^^;
    どうも、しばらく青空は拝めんし、雪も降るみたいやで、年末年始はお利口さんしとりましょう(^^;
    平成26年も頑張って登りましたね(^^)v
    新年は登山と併せて新種もゲットしならんで大変な年になるんでないの?(>.<)
    とにかく今年もあと少し。
    なにかとお世話になりました\(^^)/来年も頼みます(^^)v

    Comment by sachi — 2016年12月27日 6:41 PM
  2. 28年の納の山は猿投山と決めていました。
    登山道でポケモンGOを試したらゲームができポッポをゲット。
    こりぁ申から酉だわと直感しました。
    一年間ありがとうございました。
    来年も山指導宜しく!
    来年は最初は近くの里山を予定(1日~4日の予定)

    Comment by masao — 2016年12月27日 9:38 PM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>