白山 御前峰からヤッホー

 開山1300年の山で紅葉を楽しむ

大倉山 (おおくらやま) 2039m 7回目 1・2・3・4・56・7

白山 御前峰 (はくさん ごぜんみね) 2702m 6回目 1・2・3・45・6

GPSを忘れて登山口に着いたので今回は行程の地図はありません。

6時3分岐阜県の白川村平瀬の白水湖の畔にある登山口から単独で登山開始。

登山道から東方を眺めると遠くに雲海や御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰が望め右側の間近に白水涸が見えます。

8時11分大倉山避難小屋に着きましたが、この辺りの紅葉と黄葉は真っ盛りで綺麗でした。

大倉山避難小屋付近のナナカマドの紅葉\(^o^)/

真っ赤で今年最高の紅葉です。

紅葉の向こうは2度登った別山。

白山 御前峰を眺めましたが手前の紅葉も綺麗です。

11時15分白山 御前峰の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

白山 御前峰の山頂は大勢の登山者でいっぱいで標柱の所で写真を写すのも順番待ちでした。

早々に昼食を済ませ下山。

白山 御前峰から室堂に戻りましたが、ここも大勢の登山者でいっぱいでした。

カングラ雪渓から白山 御前峰を望む。

特徴のある大きな瘤のダケカンバの大木と白水涸は絵になります。

********

今回は、開山1300年の白山へ紅葉を楽しみに登りました。

白山は加賀の白山と呼ばれるように、石川県側から登るルートが一般的だが、今回は岐阜県の白川村平瀬から大倉尾根を登る平瀬道から登りました。

ブナ林の登山道は変化に富み、避難小屋もあって安心して楽しめる登山道で、秋の紅葉は白山へ登る登山道で一番美しいと言われてます。

登山道はブナ林の中のよく整備された階段の道から始まり、しばらく登って行くとダケカンバの木々も生えていて、白水湖を眺めながら登ると道は尾根道となり、傾斜も緩くなり眺望も開けてくる。

右側には三方崩山や白山御前峰や白山剣ヶ峰が見えてくる。

南側(左側)が崩壊した見晴らしのよい尾根を進み、大倉山の山頂直下を通過して、少し進むと大倉山避難小屋に着く。

大倉山避難小屋から鞍部まで下り大倉尾根の最後の登りとなり、やがてカングラ雪渓に着き白山御前峰や白山剣ヶ峰が間近になってくる。

エメラルドグリーンの白水湖を眼下に見ながら急坂を登り切ると平坦な登山道となり、やがて室堂に着きました。

室堂で小休止して白山御前峰に向かいましたが、何故か足がまともに上がらずバテバテ(先行馬がゴール手前で足があがった状態)で他の登山者に抜かれぱなしで恥ずかしい思いをして白山御前峰の山頂に無事着きました。

白山御前峰の山頂は大勢の登山者で一杯でゆっくり休めず、食事を急いで済ませ下山しました。

山頂手前のバタバタは老化の始まりか?(笑)

大倉山付近の登山道から見れた紅葉は真っ盛りでとても綺麗で感激でした。

白山の神様に見守られ無事下山できました{白山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

 

Filed under: 山登り — masao 10:34 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 白山!!!\(^^)/
    もう脚は大丈夫やな~(^^)d
    空も青いし、山は赤いし、体調も良いしなにより(^-^)v
    でも、やはり白山やな~!!(^^)
    かなりの登山者で賑わっとるみたいやに(^^;
    山頂まで約5時間とはなかなかのタイム(^^)dまだまだ衰えは感じさせません(^^)

    Comment by sachi — 2017年10月9日 6:29 PM
  2. 天気に誘われて行ってきました開山1300年の白山へ~
    紅葉も真っ盛りで天気もgoodで体調はイマイチ(膝はボチボチでしたが御前峰手前で足が上がらずバテバテ)で恥ずかしい思いをした。
    先行馬がゴール手前でバテバテになる状態と同じでした。
    こんな状態なので老を感じました。

    白水湖の駐車場は満車で道路脇の空き地は「白水の滝」辺りまで駐車車両があった。
    今年、最高の登山者だったでしょう。

    Comment by masao — 2017年10月9日 8:07 PM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>