古城山からヤッホー

 土岐氏一族が住んでいた大桑城へ!

古城山 (こじょうさん) 407m

2018年1月14日岐阜県山県市の古城山(金鶏山)へ登りました。

先週は美濃地方に位置する東の古城山へ登り、今日は西の古城山(金鶏山)です。

9時8分岐阜県山県市大桑の登山口から単独で登山開始。

砂利道の林道を少し歩くと登山口があった。

日当たりの良い南側の斜面を登ります。

古城山の山頂直下の広場には伝「天守臺」と書かれた看板と石碑と祠がありました。

古城山の山頂に建てられた大桑城は土岐氏一族が美濃を治めていたそうです。

その後、土岐氏一族は斎藤道三に追われたそうです。

10時10分古城山(金鶏山)の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

古城山の山頂からの展望は北方が少し望める程度で樹林の中にあったので、早々にミニチュアの大桑城まで戻り展望を楽しむ。

大桑城からの展望を楽しんだ後、下の広場まで戻り、昼食の準備。

古城山の山頂直下からの展望は金華山が中央に望め岐阜城も確認出来た。

古城山の山頂直下の広場でお話しされた地元の方の話では、土岐氏一族は大桑城から岐阜城へ移ったと言ってみえました。

古城山の山頂から「はじかみ林道」登山口へ下山すると林道開通記念の石碑と立派な公衆トイレが建っていました。

ここから舗装された林道を駐車場まで歩き無事下山しました。

********

先週登った東の古城山(鉈尾山城)と同じ文字の山が近くにあることを知り登りました。

大桑城(おうがじょう)の歴史は、

築城年代は定かではないが、一説に承久の乱の功によって大桑の地を与えられた逸見又太郎義重の子、逸見又三郎重氏が築いたとも云われる。

その後、美濃国守護土岐氏の城となり、守護所を枝広館から、大桑城下へ移したとされ、天文11年(1542年)に土岐頼芸は斎藤道三によって一時美濃を追われた。 頼芸は越前朝倉氏・尾張織田氏の仲介により和議が整い美濃に帰ることができたが、天文21年(1552年)再び美濃を追われ、土岐氏は滅亡したそうです。

古城山(金鶏山)の山頂には大桑城本丸跡地近くにミニチュアの大桑城(模擬天守閣)が造られていて、ミニ大桑城と呼ばれているそうです。

駐車場に車を駐車し、左方向の林道を進み、時計回りで古城山の山頂へ向かいましたが、登山道は歩き易く、案内看板も沢山あり1時間程度で古城山の山頂に着きました。

古城山の山頂からの展望は樹木が邪魔して北方の展望が少し望める程度でしたが、山頂の手前にある大桑城の建つ所と伝「天守臺」と書かれた看板の広場からは金華山や伊吹山等が望め、結構楽しめる光景でした。

展望を楽しんで昼食を済ませた後、はじかみ林道の登山口経由で駐車場に戻りました。

今日も古城山の神様に見守られ無事下山できました「古城山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 10:10 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 山頂にミニなるも、お城が建立されてるとは驚き!!!(゜ロ゜;ノ)ノ
    こんな素晴らしい山を目指すとは、さすがヤッホーさんやな~(^^)d
    しかもかなり奥が深い歴史があるみたいで、登山から多くの事が学べそうやな~\(^^)/
    今日は久しぶりの超快晴やったし、G市でも名だたる山々が輝いてました(^^)
    昼から所用で実家に帰りましたが、高速無料区間から望める乗鞍岳、笠ヶ岳等の北アルプスの主峰がいつもよりドカーンとはっきり見えました\(^^)/
    今日のような、歴史探訪が出来る登山もありやな~(^^;
    もしかしたら『ナニこれ珍』に登録されそうな山かもf(^^;

    Comment by sachi — 2018年1月14日 11:59 PM
  2. 青空に映える大桑城のミニチュアを自分の目で見て感激\(^o^)/
    この山は歴史があり、地元の人々が大切に管理されているようです_(._.)_
    2年前にも岐阜城(金華山)方面の展望を妨げる樹木をボランティアの人々が伐採し展望を保ったそうです(地元の方から聞く)
    やっぱり里山も適当に人の手が入らないと絶景が得られないようです(熊などの獣も住みにくく里へ出没します)
    天気が良ければ何処の山へ登っても最高です\(^_^)/
    当分は里山めぐり・・・

    Comment by masao — 2018年1月15日 8:34 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>