雨乞平からヤッホー

  熊のマーキングを見ながら進む!

雨乞平 (あまごいたいら) 1005m

2018年2月25日岐阜県高山市新宮町の雨乞平へ行ってきました。

10時13分岐阜県高山市松倉町の「リスの森」を通り過ぎた所の林道入口に車を止め単独で登山開始。

スノーモービルが通った冬季閉鎖の林道を峠まで登りました。

林道の峠付近に、このような看板があり矢印方向へ進むと本格的な登山道になります。

アップダウンを繰り返し尾根道を進むと、やがて雨乞平に着きました。

ヤッホー ( -。)<<<<

雨乞平からは川上川沿いの八日町、新宮町、下之切町、下林町などが望めました。

雨乞平で少しだけ休憩して下山を開始しました。

登山道に立っているマツの木に、このような熊のマーキングが5~6か所あった。

オイラは熊が冬眠してる枕元を歩いたのか?

その後、林道まで下山し駐車していた車まで戻りました。

********

今日は今シーズン初めて雪山を歩きました。

冬季通行止めの林道を峠まで進んだ後、アップダウンの登山道を進み雨乞平まで登りました

登山道にはあっちこっちに熊のマーキングがありましたが、今の時期は冬眠中なので恐怖はありません。(イビキを搔いて寝てるだろうな)

久しぶりに和カンを履いたので少々足が疲れましたが、いい汗を掻きました。

新宮町の雨乞平は明治時代に日照りが続くと、ここで部落の人々が雨乞をしたそうです。

雨乞平の神様に見守られ無事下山できました「雨乞平の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 8:22 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 雨乞平って初めて聞いた山やな~f(^^;
    山頂がもっと解放感があれば、北アルプスも一望なんやろか?(^^;
    今シーズン初の雪山みたいですが、3月から春山登山のシーズン(^^)
    G市でも、スキー場のリフトを利用し、ゲレンデ最上部からの登山者も増えてるみたいです\(^^)/
    天候も安定してくれば、里山からドカーンと北アルプスが望める時季が来ますんで、ヤッホーさんのブログが楽しみです(^^)d

    Comment by sachi — 2018年2月26日 8:26 PM
  2. この山は、明治時代から新宮地域の人々が日照りの時に雨乞をした山でした(^人^)
    樹林が大きくなり展望はそこそこでした(川上川沿いが望める程度)
    いよいよ3月ですが山の雪の状態は、例年より寒いのかまだ固まっていないようなのでスノーシューか和カンが必要です(-_-;)

    1回雨が降れば固まりそうですヽ(^o^)丿
    ぼちぼちとあっちこっちの山を目指すので宜しく!

    Comment by masao — 2018年2月27日 7:48 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>