舟伏山からヤッホー

  雪の中で咲いていたイワザクラ

舟伏山 (ふなふせやま) 1040m 2回目 1・2

2018年4月8日岐阜県山県市の舟伏山へイワザクラの花を見に登頂しました。

8時19分岐阜県山県市神崎の「あいの森」の駐車場より単独で東回りコースから登山開始。

十方施玉仏のそばに生えていた桜の木の花は雪が被りとても綺麗でした。

本日のお目当てはこの花。

イワザクラは真っ盛り(花言葉は「初恋」「純潔」だそうです)

オイラは自然の中で咲くイワザクラの花を見るのは初めてです。

雪の中で咲くイワザクラの花もなかなか見応えありました。

10時17分舟伏山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

舟伏山の山頂でゆっくりと昼食を済まそうと思っていたが雪が吹雪くので、小休止するだけでした。

舟伏山の山頂の光景。

山頂の展望は全く望めず雪を被った木々が見えるだけでしたので早々に西回りルートで下山しました。

********

舟伏山は奥美濃山系の入口の山で、地元の神崎の集落から望むと舟を伏せたような形に見えることから舟伏山と名前が付いたようです。

登山ルートは「あいの森」から時計回りの登る西ルートと反時計回りに登る東ルートがあり今日は東ルートから登りました。

登山ポストとトイレのある対面の所が登山口で、伐採された急登の登山道をジグザグに登り、尾根道に辿り着いた。

尾根の登山道を登って行くと、十方施玉仏が祭られていたので、今日の安全を祈りました。

十方施玉仏のそばにサクラの木が生えていて花は満開状態でその上に雪が被り、ちょっと珍しいサクラ見物になった。

十方施玉仏からは登山道は急登となり、道は山腹をぬうように高度を上げて行くと平坦になった「みのわ平」に着いた。

「みのわ平」にはカタクリの群生地があるそうですが、今日は一面が雪で発見できないので先を急ぎました。

「みのわ平」からは再び急登になり、しばらく登ると水場へ行く分岐があり、この辺りからは今日の一番の目当てのイワザクラの花が岩陰に咲いていた。

岩陰に咲くイワザクラの紫色と今日降った雪の白色が何とも言えぬ光景でした。

オイラは自然の中に咲くイワザクラを見るのは初めてで雪の降る中ここまで登って来た甲斐がありちょっこら感激しました。

イワザクラの群生地から少し登ると登山道は緩やかな登りとなり、やがて舟伏山の山頂に着いたが、雪降りで展望は望めず寒かったので小休止だけして、西回りコースから下山することにしました。

小舟伏山まで下山し、左に下りて行きましたが、登山道が粘土質の土と雪と落ち葉とで泥濘でいて大変滑り易く慎重に下山しました。

舟伏山の神様に見守られ無事下山できました「舟伏山の神様ありがとうございました」

*******

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 8:58 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 4年前は3月半ばに登っとるんやな~(^^)
    今日は飛騨市も小雪がチラチラ(>_<)風も冷たいし(;o;)
    でも昼からは娘の車のタイヤ交換f(^^;
    舟伏山にも雪が(*_*)山県市でもこの冷え込みで1000メートル辺りなら降るんやな~(^^;
    ヤッホーさんの脚の調子も良さそうやし、まだまだガンガン登らなければ(^^)v

    Comment by sachi — 2018年4月8日 9:46 PM
  2. 4年ぶりの舟伏山、今回は反時計回りで一周しましたρ(*^_^*)ρ
    山県市の山(標高1000m程度)で景色が真っ白になるほど雪が降るとは驚き(+_+)
    カタクリやニリンソウの花は雪の下で発見できずがっかりです。
    イワザクラの花は綺麗でした\(^o^)/

    今朝も高山は雪がチラチラと早く若葉の季節にな~れ!

    足の調子は70%程度で下る時は慎重に行動してます/(-_-)ヽ

    ま~あボチボチですよ。

    Comment by masao — 2018年4月9日 8:34 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>