御座山からヤッホー

 佐久で展望抜群の名山

御座山 (おぐらさん) 2112m

2018年5月5日長野県南佐久郡の御座山をめざしました。

7時51分長野県南佐久郡南相木村唐沢の栗生登山口より単独で登山開始。

登山口から1時間ほど登ったら不動ノ滝に着きました。

御座山の山頂の手前には立派な避難小屋が建てられていました。

この大きな岩稜を30mくらい向こうへ行くと御座山の山頂です。

10時1分御座山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

御座山の山頂からの展望は素晴らしく感激しましたが、高所恐怖症のオイラは長居できず、岩稜の下へ移動しました。

御座山の山頂の岩稜の下でこのような光景を眺めながらラーメンを食べ、その後、登山口まで下山しました。

********

以前から気になっていた展望が抜群の御座山へ登りました。

南佐久の山々の中で、唯一2000mを越える山で、千曲川を挟んで対峙する華やかな八ヶ岳とは対照的で地味な山だが展望は素晴らしい。

栗生登山口から小さな岩がゴロゴロした道を登ると、カラマツ林の道となりジグザグの登山道で高度を上げて行く。

カラマツ林の登山道を1時間くらい登って行くと不動ノ滝に着き、さらに登って行くと「山頂まで1350m」の看板があり、この辺りから登山道の脇には広葉樹の木々が生えていて大きい岩がある所をがある。

さらに登って行くと、「山頂まで500m」の看板があり、この辺りから岩場となりクサリ場の急登を登り切るとシャクナゲが生える登山道となり、祠が祭ってあるピーク(2040m)に着きました。

2040mのピークから岩場の道を下ると分岐のある金山沢のコルに着き、もう一度登り返すと避難小屋があり、ここを左へ進むと岩場に出て細長い尾根を北に行くと御座山の山頂に着いた。

御座山の山頂からの展望は素晴らしく、残雪の八ヶ岳が印象的でしたが、高所恐怖症のオイラは早々に岩場の横で八ヶ岳を眺めながら昼食を済ませ、登って来た登山道を戻り下山しました。

御座山の神様に見守られ無事下山できました「御座山の神様ありがとうございました」

********

詳細は後日ヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 10:09 PM  Comments (2)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. 高低差約600メートルを約2時間で登頂とは\(^^)/
    強脚復活!!(^-^)v
    素晴らしい山ですな~\(^o^)/
    石鎚山みたいな切り立った山頂からの展望は、登った者のみが官能を味わえる素晴らしい山みたいで、羨ましく感じました(^-^)
    余談ですが、今週、G市の職場仲間と『鷲ヶ岳』に登る計画があります(^^;
    登山初心者の方も一緒なんで、無理のない鷲ヶ岳を選択しましたが、ゆっくりと自然散策しながら登り、登山の楽しさを分かち合いたいと考えております(^^)

    Comment by sachi — 2018年5月9日 12:16 AM
  2. 以前から気になっていた展望の山へ登りました\(^o^)/
    登山口から避難小屋までは展望悪くただ坂を登るだけ(_´Д`)ノ~~オツカレー
    山頂は大展望で満足\(^o^)/
    鷲ヶ岳登山羨ましいな。
    最初は近くの里山から登り始めだんだんハマって何処かの車屋のおっさんみたいにならないように気お付けて!
    楽しい一時を過ごして下さい。

    Comment by masao — 2018年5月9日 7:27 AM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>