荒船山からヤッホー

  荒海に浮かぶ船のような山

荒船山「経塚山」 (あらふねやま) 1423m

2018年5月27日群馬県甘楽群南牧村の荒船山(経塚山)をめざしました。

8時00分長野県佐久市内山の内山峠より単独で登山開始。

登山道の正面に巨大な岩が現れました。

この岩屋は山岳信仰の修験道場跡で礎石もあるそうです。

一杯水と呼ばれる水場に着きましたが、沢に水が少し流れていたが飲料出来るか疑問でした。

この一杯水を過ぎると登山道は急登になり、急登を登り切ると広大な大地になっていた。

艫岩(とも岩)の展望台に到着し、荒船山からの唯一の展望を楽しむ。

広大な大地を進んで行き登山道から少し入り込んだ所にクリンソウの群生地がありここでしばらくの間クリンソウの花に見惚れた。

9時49分荒船山(経塚山)の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

荒船山の山頂からの展望は全く望めず、ラーメンを食べて登って来た登山道から駐車場に戻りました。

********

長野県と群馬県の県境に位置する荒船山は、荒海に浮かぶ船のような山容が名前の由来だそうで、手軽な山登りが楽しめる。

内山峠の奥にある登山口から登り始めて、やがて左側が切れ落ちている鉄柵を過ぎた所からジグザグに登り、小さいアップダウンを繰り返し山腹を巻いて登って行く。

尾根を巻き込むように進むと目の前に突然岩の壁が現れ、下部には岩屋があり、山岳信仰の修験道場跡がある。

岩屋の所から右へ進むと、やがて「一杯水」の水場に着く(沢の水はあまりきれいな感じがしなかった)

「一杯水」からの登山道は急登になり、ハシゴ場やクサリ場が続き、登り切ると平坦な林の中の登山道となり、正面に避難小屋が見えてきて、避難小屋のそばに、荒船山で唯一展望のある艫岩(とも岩)の展望台に着き小休止しました。

艫岩からの展望を楽しんだ後は、平坦で木々の茂った登山道を20分程度進んで登山道の左側にあるクリンソウの群生地に着きクリンソウを観察し、その後山頂へ向かいました。

星尾峠と荒船山(経塚山)の分岐を左へ行くと登山道の傾斜は急になり、登って行くとやがて荒船山(経塚山)の山頂に着きました。

荒船山(経塚山)の山頂からの展望は全く望めず、山頂でラーメンを早々に食べ、その後登って来た登山道で駐車場まで戻りました。

荒船山の神様に見守られ無事げざんできました「荒船山の神様ありがとうございました」

********

詳細は後日ヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 9:44 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>