貝月山からヤッホー

気になっていたワン・ツウ・スリー・フォの里山

貝月山 (かいづきやま) 1234m

2019年4月21日岐阜県揖斐郡の貝月山へ登りました。

標高がワン・ツウ・スリー・フォで以前から登ってみたいと思っていた山です。

9時22分揖斐高原スキー場の第二リフトより単独で登山開始。

登山道の脇にイワウチワの群生地があり、そこには可憐なピンク色のイワウチワの花が咲いていましたが、盛りまでには一週間ほど後のようです。

11時10分貝月山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

貝月山の山頂からの展望は曇り空の為、遠くは全く望めずガッカリ😞

貝月山の山頂 には立派な展望台がありました。

貝月山の山頂 からの展望が全くダメなので昼食を済ませ早々に下山しました。

下山途中に小貝月山を見たら斜面に雪が残っていました。

********

今日は以前から気になっていた西濃の山で標高が1234m(ワン・ツー・スリー・フォー)と覚えやすい貝月山へ登りました。

揖斐高原スキー場の第二リフトのそばまでは林道があり車で登れ、第二リフトの広場の所に車を駐車し登山開始しました。

登山道は最初から道幅が広く急坂も無く歩き易い道で、途中からはイワウチハの群生地があり、チラホラと花が咲きかけ(今月の終わり頃が見頃)春を感じながら登って行き、小貝月まで行き山頂に立ち寄るが曇り空で展望は全くダメなので、先の貝月山へ向かい、江美の池を通り過ぎてしばらく登ったら貝月山の山頂に着きました。

山頂には立派な展望台があり登って辺りの光景を眺めましたが、曇り空で近くの山も見られずガッカリでした。

天気が良ければ恵那山、伊吹山、白山、乗鞍岳。御嶽山などが望めるそうです。

曇り空の為、貝月山からの展望が全くダメなので昼食を済ませ早々に下山しました。

今日は、 貝月山は四方が山に囲まれて花崗岩の山で、貝の化石などと程遠いのになぜ貝月山と呼ばれるようになったか不思議だなと思いながら登りました。

何方か貝月山の名前の由来をご存知の方は教えて下さい

貝月山の神様に見守られ無事下山できました「貝月山の神様ありがとうございました」

********

詳細は後日ヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 未分類 — masao 9:20 PM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>