背筋がゾ-ッとなる!

  もう少しで燃料タンクが

平成15年式のキャリーバン(DA62V)の

燃料タンクのフレーム側の取付部が腐食し脱落する処でした。

防錆02

車両をリフトアップして後方から見るとこんな感じ。

防錆03

右側のコの字型のフレームが錆びて腐食しボロボロです。

防錆01

腐食部分をタイヤ側から見てもボロボロです。

工場へ入庫しないでこのまま乗っていれば、燃料タンクが脱落し、燃料が漏れて、路面と燃料タンクが擦れ火花が出て、洩れたガソリンに着火し車両火災になる所でした。

お客さんは、こんな状態になっていた事に全く気付いていなくビックリされました。

*****

この様になる事を防ぐ為、冬季は走行後下廻りの洗車を毎回行うか

我が工場で施工している防錆コートをお薦めします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村

高山情報のバナーをクリックして下されば感謝します。

Filed under: 仕事,自動車 — masao 4:21 PM  Comments (2)

貴方の知らない世界!

 アコードWのリヤメンバーに異常を感る

アコードW「CL2」のリヤメンバー腐食しびっくり!

塩害1

アコードワゴンをリフトアップし車体の下から見た写真ですが、リヤメンバーの矢印の所に異常を感じ、点検ハンマーで叩いて点検するとリヤメンバーが腐食していて穴が開きました。

「リヤメンバーは後輪の足廻りが取り付く大事な部品です」

塩害2

リヤメンバーを車体から取りはずし、リヤメンバーを上から見ると矢印の部分が完全に腐食し、ヤバイ状態。

角パイプ状の部分の半分以上腐食。

塩害5

角パイプ状の部分をズームすると〇印の部分が完全に腐食し穴が開いてます。

この状態はリヤメンバーを車体に取り付いた状態での発見はプロの修理工でも困難。

塩害3

丸パイプ状の部分も三分の二以上腐食。

塩害4

この部分も虫食い状態で腐食。

******

この腐食したリヤメンバーを車の使用者に見せたら大変驚いていました。

********

冬季、融雪剤を散布される道路を走行される車は

このように車両の足廻りの重要な部分が腐食している場合が数多くありますので

貴方も一度、最寄の修理工場で点検を受けたら如何ですか?

走行中足廻りがバラバラになると大変です。

Filed under: 仕事,自動車 — masao 3:41 PM  Comments (3)

融雪剤

自動車に付いた融雪剤

先日、当店のお客様のYさんが東海北陸自動車道と中部縦貫道で各務ヶ原インターから高山インターまで走行した後、撮影した写真3枚です。

左の後輪の上部。

右後部のスプリング・アブソーバ・ドライブシャフト・バックプレート等。

左後輪の内側部分。

 

この3枚の写真で車両に白い物が付いているのが自動車専用道路に散布された融雪剤で

そのまま放置すると下廻りの錆・腐食・損傷の原因になり大変危険ですので

自動車専用道路等を走行後、こまめに車両の洗車(主に下廻り)をお勧めします。

そのつど車両の洗車(主に下廻り)が出来ない方々には当方でお勧めしている防錆コートをどうぞ。

 

にほんブログ村のランキング参加中です。

このブログ納得されたらクリックお願い致します。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ
にほんブログ村

Filed under: 自動車 — masao 2:15 PM  Comments (0)

エコカーのバッテリー

最近のエコカーには「充電制御システム」

搭載されています!!

車両の省燃費性能カーバッテリー寿命

維持・向上のためにも

「充電回復性能」が強化されたカーバッテリーのご使用をお薦めします。

 

「充電制御システム」とは

カーバッテリーの充電状態を常に管理し、無駄な充電を制御することで、発電による

エンジン負荷を軽減し、省燃費を実現する燃料向上技術のことです。


なぜ「充電回復性能」の高いカーバッテリーが必要か?

上記のように急速充電を繰り返す為、従来のカーバッテリーでは寿命が短くなる為、

「充電回復性能」の高いカーバッテリーの取付をお薦めします。

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

納得出来たらクリックお願いします。

Filed under: 自動車,豆知識 — masao 10:24 PM  Comments (0)

防錆コートの重要性 飛騨にお住まいの方は必要です!

今季は雪が多いですね!除雪作業時には、雪の除去と合わせて、道路にたくさんの融雪剤が散布されています。

この融雪剤は塩カリ、簡単に言ってしまえば塩!これが車のボディや、普段は目に見えない車の下廻りに付着し、塗装を痛め、錆を発生させます。

以前もご紹介しましたが、飛騨地方では、新車を購入して3年後の最初の車検のときも、既に下廻りに錆が発生しています。こちらをご覧下さい。

下の写真は、雪が降らない名古屋の車の下廻りです。こちらも新車で購入後最初の車検で入ったものですが、錆が大変少なく綺麗な状態です。

 雪の無い地域の車の下廻り

飛騨地方の、同じく最初の車検(購入後3年)の車が下の写真です。

 雪国の車の下廻り

これだけ、雪国の車は過酷な条件にさらされているのです。以前もご紹介しましたが、錆が進行すると最悪車の床に穴が空くことも!

 飛騨地域の皆さん、あなたの愛車も、ボディーは綺麗でも下廻りはどうなっているかわかりません!是非当店での車検・点検、そして下廻りの強力防錆コートを!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ 車 修理・整備へ
にほんブログ村

Filed under: 仕事,自動車 — masao 9:25 AM  Comments (0)

自賠責保険の解約

自動車の登録時や車検時に加入する自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の保険料が戻ります。

車検の有効期間が1ヶ月以上残った車のナンバーを抹消(一時抹消登録)した時に発行される登録識別情報等通知書(コピーでもよい)と自動車損害賠償責任保険証明書を持って自動車損害賠償責任保険証明書の保険会社へ解約に行けば解約の申請日より保険満了日までの月割り計算で保険料が戻ります。

保険会社へ行く時は、身分を証明出来る物と印鑑が必要です。(保険会社により違う場合があるので事前に保険会社に問い合わせる事)

不明な事あればコメント下さい。

Filed under: 自動車,豆知識 — masao 5:03 PM  Comments (0)

自動車重量税が戻る

 

車検の有効期限が平成22年2月23日のホンダCR-Vを平成21年2月12日に自動車リサイクル法に基づき永久抹消の手続きをしたらこの自動車の使用者のYさんの銀行口座に18,900円国税局から還付されました。

車検の有効期間のある車を解体処理された時は、自動車重量税が月割りで自動車の使用者に戻ります。自動車リサイクル法に基づき処理すればお小遣いが出来ます。

車検の有効期間が1~2か月の場合重量税の還付手続きに手数料が必要なのでプラスマイナスを考えて下さい。

不明な事あればコメント等ください。

Filed under: 自動車,豆知識 — masao 9:31 PM  Comments (0)