甘利山・奥甘利山・千頭星山からヤッホー

  レンゲツツジは終わっていたが絶景の富士が望めた

甘利山 (あまりやま) 1672m

奥甘利山 (おくあまりやま) 1843m

千頭星山 (せんとうぼしやま) 2139m

甘利山

2015年6月28日長野県南アルプス市の甘利山奥甘利山千頭星山をめざしました。

7時46分長野県韮崎市旭町上條北割の広河原駐車場より単独で登山開始。

270628甘利山08

登り始めの経塚(1672m)にあった東屋から富士山を望む。

270628甘利山16

8時6分甘利山の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

山頂の展望はは360度の大展望。

270628甘利山33

マツの木の枝と富士山。

270628甘利山36

まだ咲いていたレンゲツツジと富士山。

レンゲツツジの最盛期に登りたかった。

270628甘利山38

8時39分奥甘利山の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

富士山が望めた。

270628甘利山50

登山道からカラマツ林と富士山を望む。

270628甘利山54

9時51分千頭星山の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

山頂の展望はイマイチでした。

270628甘利山60

千頭星山の山頂から鳳凰山方面に10分くらい行った所に咲いていたサラドウダンの花。

270628甘利山69

千頭星山の山頂から下山途中に八ヶ岳連峰を望む。

270628甘利山73

下山途中の笹原から富士山を望む。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山バナーをクリックしてチョウダイ!

宜しくお願いします。

*****

レンゲツツジで有名な甘利山ですが登る時期が遅れた為、レンゲツツジの花は終わっていました。

しかし天気が良く富士山の展望が素晴らしく満足な山登りでした。

登山道は良く踏み込まれ歩き易く、危険な所もありませんのでファミリー登山に向いた山でした。

大西峰から千頭星山までは笹原の登山道で展望も良く気持ちの良い登山道で大変印象に残りました。

甘利山と奥甘利山と千頭星山の神様に見守られ無事下山する事が出来ました(山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい。

Filed under: 山登り — masao 10:40 PM  Comments (2)

背筋がゾ-ッとなる!

  もう少しで燃料タンクが

平成15年式のキャリーバン(DA62V)の

燃料タンクのフレーム側の取付部が腐食し脱落する処でした。

防錆02

車両をリフトアップして後方から見るとこんな感じ。

防錆03

右側のコの字型のフレームが錆びて腐食しボロボロです。

防錆01

腐食部分をタイヤ側から見てもボロボロです。

工場へ入庫しないでこのまま乗っていれば、燃料タンクが脱落し、燃料が漏れて、路面と燃料タンクが擦れ火花が出て、洩れたガソリンに着火し車両火災になる所でした。

お客さんは、こんな状態になっていた事に全く気付いていなくビックリされました。

*****

この様になる事を防ぐ為、冬季は走行後下廻りの洗車を毎回行うか

我が工場で施工している防錆コートをお薦めします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

にほんブログ村

高山情報のバナーをクリックして下されば感謝します。

Filed under: 仕事,自動車 — masao 4:21 PM  Comments (2)

負釣山からヤッホー

  入善町 最高峰の里山はスリリングな山

負釣山 (おいつるしやま) 959m

負釣山

2015年6月14日富山県下新川郡入善町の最高峰の負釣山をめざしました。

7時24分富山県下新川郡入善町舟見のオコ谷林道駐車場より単独で登山開始。

270614負釣山01

林道の駐車場にあった負釣山登山口の案内石はとても立派な物でした。

270614負釣山04

登山道の脇に綺麗に咲いていたツルアリドオシの花。

270614負釣山19

木の根が張った尾根道はヤセ尾根でちょこっと緊張。

270614負釣山23

登山道の脇に咲いていたハナニガナの花も見応えあり。

270614負釣山27

8時43分七合目に到着し一服。

とても蒸し暑くバテバテ。

270614負釣山33_edited-1

9時12分負釣山の北峰に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

270614負釣山39

9寺35分負釣山の南峰に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

270614負釣山46

負釣山の北峰からの展望。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山バナーをクリックしてチョウダイ!

宜しくお願いします。

*****

ハイキング気分で登った山でしたが七合目でヘトヘトになりました。

登山道はしっかり踏み込まれとても感じの良い道でしたが、何箇所も急登があり(何箇所もロープが張られていた)気温も高く蒸し暑く思ったより疲れた。

登山道は尾根歩きでヤセ尾根もあり木の根が張っているので滑落と蹴躓きに注意して登りました。

山頂の展望は思ったより良くなかったし、花々もあまり咲いてなくちょこっと残念でした。

負釣山の神様に見守られ無事下山する事が出来ました(負釣山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 山登り — masao 9:10 PM  Comments (0)

大日山からヤッホー

 たくましい山容を見せる加賀の名峰

大日山 (だいにちざん) 1368m

小大日山 (こだいにちざん) 1199m

大日山

2015年6月7日石川県加賀市の大日山小大日山をめざしました。

6時54分石川県加賀市山中温泉真砂町の真砂集落跡より単独で登山開始。

270607大日山01

最初は林道を歩いて登山口に向かいました。

270607大日山10

池洞登山道にササユリの花が一輪咲いていました。

270607大日山26

登山道の脇にササの花が咲いてます。

ササの花は60年に一度咲く花だそうです。

270607大日山27

大日小屋(加賀甲)に到着し小休止。

270607大日山31

大日山へ向かう途中に大日小屋を振り返る。

270607大日山37

登山道の脇にまだカタクリの花が咲いていました。

カタクリの花を見れてラッキーです。

270607大日山44

10時8分大日山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

270607大日山54

11時43分小大日山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

270607大日山61

登山道の脇にヤマボウシの花が咲いていた。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山バナーをクリックしてチョウダイ!

宜しくお願いします。

*****

大日山は白山よりもはるかに古い時代の火山でたくましい山容を見せる山だそうです。

今日はその大日山と小大日山へ登りましたが、山頂の標高は1368mですが登山口から1000m程度高低差があり、おまけに登山道は蒸し暑く苦しい山登りでした。

登山道の花々は思ったより少なくちょこっと期待はずれで、大日山の山頂からの白山の展望はガスに覆われイマイチで残念でした。

大日山と小大日山の神様に見守られ無事下山出来ました(大日山と小大日山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい。

Filed under: 山登り — masao 10:38 PM  Comments (2)