有明山からヤッホー

 急登、樹林帯、ハシゴ場、クサリ場の登山道

有明山 (ありあけやま) 2268m

有明山

2015年8月23日長野県安曇野市の有明山をめざしました。

7時26分長野県安曇野市穂高有明の有明荘の手前の待避所より単独で登山開始。

270823有明山04

登山道にはこのような長いハシゴが幾つかありましたが滑り易く緊張して登り降りしました。

270823有明山05

有明荘の裏の第三駐車場の登山口から有明山の南岳までの登山道は樹林帯の中を登りました。

270823有明山09

登山道にはクサリ場も数箇所ありました。

270823有明山18

有明山の北岳には立派な鳥居があり、鳥居の向こうの祠で今日の安全をお願いする。

270823有明山20

11時35分有明山の三角点に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

270823有明山34

下山途中のクサリ場。

270823有明山39

第二駐車場の上にはこんな滝もありました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山のバナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします。

*****

有明山は花崗岩の巨石から出来た山で、昔から神話や伝説の舞台となってきた山だそうです。

天照大神が岩戸にこもった際に、手力男命が岩を投げた時にここに落ち天下が明るくなった山である伝説が、山名の由来の一説だそうです。

山頂は北岳、中岳、南岳の3峰からなり、「信濃富士」とも呼ばれている。

それぞれの峰には祠が祀られ神の山と感じました。

この山は、歴史ある山だが、傾斜が急なため、登る人は少ない。

その為、開発の手が入らず、自然のままの山でした。

登頂した感想は、急登の登山道、ロープ場、ハシゴ場、クサリ場、樹林帯、シャクナゲ林などで、展望はイマイチでしたが山頂の祠にお参り出来満足でした。

有明山の神様に見守られ無事下山できました(有明山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 山登り — masao 10:44 PM  Comments (2)

籾糠山からヤッホー

 高層湿原とブナの原生林を歩く

籾糠山 (もみぬかやま) 1744m 3回目 12・3

籾糠山

2015年8月15日岐阜県飛騨市河合町の籾糠山をめざしました。

9時18分岐阜県飛騨市河合町天生の天生峠駐車場より単独で登山開始。

270815籾糠山14

天生湿原に着きましたが花の盛りが終わっていました。

270815籾糠山15

天生湿原から少し下った所に咲いていたマルバダケブキの花は目立って咲いていました。

270815籾糠山20

木平湿原に向かう登山道はブナの原生林の中を歩きます。

270815籾糠山28

木平湿原に到着。

木平湿原のモウセンゴケが見応えありました。

270815籾糠山31

ダケカンバの大木が青空とマッチしてます。

270815籾糠山38

11時46分籾糠山の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

昼食をとりながら、地元の古川町から登られたご夫婦と山談義をさせていただきました。

270815籾糠山61

ノリウツギの花が鮮やかに咲いてます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山バナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします!

*****

岐阜県の北部の白川村と飛騨市河合町の境にある天生峠は、一年の半分を雪に閉ざされ、泉鏡花の小説「高野聖」や、東山魁夷画伯の「山雲」の舞台となっています。

天生県立自然公園は、天生峠を中心に高山植物郡、高層湿原、奥に広がるブナ原生林や、深く切れ落ちる渓谷と滝など、変化に富む、雄大な自然を体感する事が出来ます。

雪解け直後のミズバショウに始まり、ニリンソウ、サンカイヨウ、ニッコウキスゲ、コバイケソウなど、9月中旬頃まで四季折々の花々に出会う事の出来る花の楽園でもあります。

※以上は天生県立自然公園のパンフレットから引用※

このような天生県立自然公園の天生湿原、木平湿原、ブナ原生林、籾糠山等を満喫し、ストレスを解消し楽しい山登りでした。

籾糠山の神様に見守られ無事下山できました(籾糠山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 仕事 — masao 11:12 PM  Comments (2)

針ノ木岳からヤッホー

 下界が暑いので大雪渓まで行き涼む

針ノ木岳 (はりのきだけ) 2821m

針ノ木岳

2015年8月9日富山県中新川郡立山町の針ノ木岳をめざしました。

6時24分長野県大町市平の扇沢駅の駐車場より単独で登山開始。

270809針ノ木岳15

扇沢駅の駐車場から1時間20分くらい樹林帯の登山道を登ると針ノ木雪渓に取り付き多少涼しい。

270809針ノ木岳27

4週間前に蓮華岳に登った時は、針ノ木小屋まで雪渓だったが針ノ木小屋のかなり下から雪渓が無くなっていました。

270809針ノ木岳28

針ノ木岳とチングルマの実。

270809針ノ木岳41

今日めざす針ノ木岳は右側のピーク。

もう少しで針ノ木岳の山頂だファイト!

270809針ノ木岳43

山と山の間にカッコ良く顔を出した剱岳。

270809針ノ木岳47

11時8分針ノ木岳の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<< と心の中で叫ぶ。

270809針ノ木岳55

針ノ木岳の山頂から立山、剱岳、黒部ダムを望む\(^o^)/

270809針ノ木岳64

針ノ木岳の山頂から下山したら目下に針ノ木小屋が望めた。

小屋に着いた後は扇沢駅まで転がる様に下山。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山のバナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします。

*****

4週間前は針ノ木小屋から左方面の蓮華岳に登り、今回は針ノ木小屋から右方面の針ノ木岳に登りました。

針ノ木雪渓の長さは前回の3分の2程度になっていましたが、取り付きの地点は変わらず最上部が下方へ移動していました。

雪渓から上の登山道はザレた所をトラバースぎみに登る所があり、滑りやすく注意して登りました。

天気が良く針ノ木小屋からは登山道からの展望も素晴らしく、山頂の展望は360度の大パノラマで大変満足な山登りでした。

針ノ木岳の神様に見守られ無事下山できました(針ノ木岳の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 山登り — masao 11:33 PM  Comments (2)

奥穂高岳からヤッホー

 瞼に残るジャンダルム

奥穂高岳 (おくほたかだけ) 3190m 2回目 1・2

奥穂高岳

2015年8月2日長野県松本市の奥穂高岳をめざしました。

2時53分岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の新穂高温泉の有料駐車場より単独で登山開始。

270802奥穂高岳10

登山道の脇に咲いていたトリカブトの花。

270802奥穂高岳12

白出沢に架かる重太郎橋(以前より立派な橋でした)

270802奥穂高岳13

この長い梯子を登ると岩切道で高さがあるのでちょっと緊張します。

270802奥穂高岳34

9時8分穂高山荘に到着。

270802奥穂高岳36

穂高山荘のテラスから涸沢カールを見下ろすとこんな感じ。

270802奥穂高岳47

岩の隙間に咲く根性イワギキョウの花。

270802奥穂高岳48

登山道の脇に咲くこの花はトウヤクリンドウの花だと思う。

270802奥穂高岳50

登山道から望む涸沢岳、北穂高岳、槍ヶ岳眺めると痺れるぜ!

270802奥穂高岳55

10時14分奥穂高岳の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

山頂は360度の大パノラマでした。

270802奥穂高岳63

目の前に聳えるのが♪まぶたに残るジャンダルム♪

270802奥穂高岳74

下山途中に荷継小屋跡から白出沢を見上げるとこんな感じでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村

今後の励みになるので登山バナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします!

*****

今日は芹洋子の歌で有名な奥穂高岳へ行って来ました。

♪穂高よさらば また来る日まで
奥穂に映ゆるあかね雲
返り見すれば遠ざかる
まぶたに残るジャンダルム♪

奥穂高岳の山頂は2012年に登った時はガスに覆われジャンダルムは全く望めませんでしたが、今日はジャンダルムに登っている登山者まで見えラッキー!

ジャンダルムの他に笠ヶ岳、槍ヶ岳、北穂高岳、涸沢岳、焼岳、乗鞍岳、燕岳、常念岳、蝶ヶ岳などが望め360度の大パノラマを楽しみ大変満足でした。

奥穂高岳の往復は久々の長丁場で少し疲れましたが、ガスが全く無く、夕立にも遭わずラッキーな一日でした。

奥穂高岳の神様に見守られ無事下山できました(奥穂高岳の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 山登り — masao 11:30 PM  Comments (6)