籾糠山からヤッホー

 高層湿原とブナの原生林を歩く

籾糠山 (もみぬかやま) 1744m 3回目 12・3

籾糠山

2015年8月15日岐阜県飛騨市河合町の籾糠山をめざしました。

9時18分岐阜県飛騨市河合町天生の天生峠駐車場より単独で登山開始。

270815籾糠山14

天生湿原に着きましたが花の盛りが終わっていました。

270815籾糠山15

天生湿原から少し下った所に咲いていたマルバダケブキの花は目立って咲いていました。

270815籾糠山20

木平湿原に向かう登山道はブナの原生林の中を歩きます。

270815籾糠山28

木平湿原に到着。

木平湿原のモウセンゴケが見応えありました。

270815籾糠山31

ダケカンバの大木が青空とマッチしてます。

270815籾糠山38

11時46分籾糠山の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

昼食をとりながら、地元の古川町から登られたご夫婦と山談義をさせていただきました。

270815籾糠山61

ノリウツギの花が鮮やかに咲いてます。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今後の励みになるので登山バナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします!

*****

岐阜県の北部の白川村と飛騨市河合町の境にある天生峠は、一年の半分を雪に閉ざされ、泉鏡花の小説「高野聖」や、東山魁夷画伯の「山雲」の舞台となっています。

天生県立自然公園は、天生峠を中心に高山植物郡、高層湿原、奥に広がるブナ原生林や、深く切れ落ちる渓谷と滝など、変化に富む、雄大な自然を体感する事が出来ます。

雪解け直後のミズバショウに始まり、ニリンソウ、サンカイヨウ、ニッコウキスゲ、コバイケソウなど、9月中旬頃まで四季折々の花々に出会う事の出来る花の楽園でもあります。

※以上は天生県立自然公園のパンフレットから引用※

このような天生県立自然公園の天生湿原、木平湿原、ブナ原生林、籾糠山等を満喫し、ストレスを解消し楽しい山登りでした。

籾糠山の神様に見守られ無事下山できました(籾糠山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい!

Filed under: 仕事 — masao 11:12 PM  Comments (2)