悪夢から一週間

  腰椎椎間板ヘルニア(外側ヘルニア)と診断される

通常の椎間板ヘルニアは後外側に突出し脊柱管内で神経を圧迫するのですが、さらに外側の脊柱管外で突出することもあり、これを外側ヘルニアといいます。

外側ヘルニアでは通常のヘルニアより1つ上位の神経根が障害されますので、通常のヘルニアより強い疼痛が出ることが多くなります。

椎間板が外側を圧迫するため、体は痛みと反対側に傾き、体を痛む側の反対側に傾けると痛みが和らぎます。

このような診断をされ4日間必死にストレッチ(医者から言われた)を行い、右足の違和感(攣りと激痛)が無くなり3.7kmの距離を休憩無しで散歩出来ました。

P1070393

歩道橋を歩くのに右足の違和感を感じません\(^o^)/

P1070384

秋を感じながら堤防を歩きます。

P1070379

川上川の流れも気持ちよさそうに流れてます。

P1070376

赤保木公園も爽やかに見えました。

P1070370

今年は、川上川の堤防のクルミの木にクルミの実が生っていませんでした(今年はクルミが不作か?)

P1070367

川上川の堤防に咲く彼岸花。

なぜ彼岸花は何処の地域でも一緒に咲くのか?

サクラには桜前線があり南から北へ咲いてゆくのに不思議です。

P1070363

今日の川上川は水量は豊富で流れも荒々しかった。

*****

このような感じで3.7km無事に歩け、足の異常は感じられませんでした。

連休中は30分立って仕事をすると、右足に攣りと激痛が現れ1時間30分くらい腹這いになって休まないと攣りと激痛は消えず苦労しました。

それが、今日は嘘のように快調、健康て良いな!

あと1~2週間すれば再び山登りが出来れば最高。

焦らず治療しますので宜しく!

Filed under: 散歩 — masao 8:38 PM  Comments (2)

天蓋山への登頂を断念

  10年前の悪夢

00

2015年9月20日岐阜県飛騨市の天蓋山をめざしましたが登山開始早々にアクシデント発生(このアクシデントは以前から兆候あり)

01

天蓋山登山道入口から山頂に向かう。

02

シラカバ林の登山道を進みますが右足に異変。

03

登山道に落ちていたドングリの実。

05

これはトチの実。

04

クリの実は沢山落ちていました。

06

この辺りの登山道で右足(尻、太腿、脹脛)が攣り歩くのが辛い。

09

この右足何とかならないか?

この足の攣り方は10年前に患った腰のヘルニアの時に似ているぞ!

08

登山道の脇の滝まで登ったが、足の異変の為、ここでリタイヤを決断し引き返す。

登山口からわずか20分でした。

07

帰り道で沢山落ちていたクリの実を拾い駐車場まで戻りました。

10

本日の収穫(今年はクリが豊作なのかな?)

*****

家に帰る途中も足が攣り、家に帰っても足が攣り苦しんでます。

実は8月頃から椅子に長く座っていると足が攣る事が度々あり、今回一気に爆発したようです。

10年前に1ヶ月ほど苦しんだ腰のヘルニアの症状と同じようです。

連休が終わったら以前に腰のヘルニアを治して頂いた宮川町の荒川接骨院で診察して頂き完全に治すぞ!

Filed under: 山登り — masao 9:43 PM  Comments (4)

位山からヤッホー

 霊山として崇められてる山は二百名山だった

位山 (くらいやま) 1529m 5回目 1234・5

位山

2015年9月13日岐阜県高山市の位山をめざしました。

9時10分岐阜県高山市一之宮町のモンデウススノーパーク(旧位山スキー場)より単独で登山開始。

270913位山01

スキー場にある登山口から登山開始。

ススキの穂が秋を感じさせます。

270913位山07

もう少し登るとモンデウススノーパークのリフト終点に到着します。

晩秋の晴れた朝、この辺りから雲海がを望むと見応えがあるようです。

270913位山30

天の岩戸の到着し位山の神様にご挨拶をしました。

270913位山37

天の泉で水分を補給。

とても美味しい水でした。

270913位山38

天の泉のそばに新しい登山道のような道があり10分程度進むと、崇教真光の「世界総本山奥宮」(家に帰り調べる)の立派な建物が建っていました。

270913位山48

11時18分位山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

270913位山52

位山の山頂付近の広場で昼食を済ませ下山しました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へにほんブログ

今後の励みになるので登山バナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします。

*****

位山(くらいやま)は、飛騨高地の中央に位置する岐阜県高山市の標高1,529mの山で 飛騨北部と南部の境界であり宮川と飛騨川の分水界である位山分水嶺の山です。日本二百名山のひとつであり、山域は岐阜県の「位山舟山県立自然公園」に指定されている。

位山には岐阜県の県木であるイチイの原生林があり位山の名前の由来について、朝廷に位山のイチイを笏の材料として献上した際、この木が一位の官位を賜ったことから木はイチイ、山は位山と呼ばれるようになったという説があり、現在でも天皇即位に際して位山のイチイの笏が献上されている。

位山は古来より霊山とし崇められている。新古今和歌集で源通親(土御門内大臣)が、「位山あとをたづねてのぼれども 子を思ふ道になほ迷ひぬる」と詠んでいる。

位山には天孫降臨、天の岩戸、両面宿儺などの伝説のある山で、位山街道は7世紀末に飛騨の匠丁が、京に木工などの労働のために移動する際に利用されていた。(ウィキペディアから引用)

前回の山登りは神様の伝説のある有明山に登り、今回の山登りも神様の伝説がある位山に登り、山の神様には最近の異常な自然現象が治まるようにお願いをして来ました。

天気は曇りで展望も悪く、登山道の脇のササは雨に濡れていたのでズボンやシャツがべたべたになり、イマイチでした。

位山の神様に見守られ無事下山できました(位山の神様ありがとうございました)

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい。

Filed under: 山登り — masao 8:46 PM  Comments (2)

恨めしいゃ~

  秋雨前線何処かへ飛んで行け!

二週連続で山登り出来ず残念!!

weathermap00

8月30日の天気図はこんな感じ。

天気図

9月6日の天気図はこんな感じで飛騨地方は朝から雨降り。

朝から雨が降り恨めしいゃ~

今日の山登りは中止(自然に逆らっても勝てねぇ~)

P1010306

車の中から国道41号線を写す。

こんなに雨が降っていては山へは登れませんので市内を探索。

P1010308

川上川の赤保木公園では雨の中、マス釣り大会が行われていました。

*****

来週の日曜日は雨が降らない事を祈ってます。

何処の山に登るか一週間考えて過ごそう!

Filed under: 生活 — masao 4:08 PM  Comments (2)