新車で登録して6ヶ月

平成27年6月新車登録のNボックスは泣いていた!

先日、お客様からホンダのNボックスの下廻りの防錆塗装を依頼されました。

下廻りをスチーム洗車し、車両をリフトアップすると「びっくりポン」もう下廻りに錆が発生してました。

Nボックスー3

リヤのドライブシャフトの内側の錆び。

Nボックスー1

ブレーキのディスクローターとフロントのロアアームボールジョイントの錆び。

Nボックス-2

フロントのロアアーム後部取付ブッシュの錆び。

錆・錆・錆・錆・錆

融雪剤がほとんど散布されていなくてもこんな状態です(融雪剤を散布した道路を走行していたらもっと錆びは進行していた)

この錆が錆を呼びどんどん錆びてゆき、その錆が進行して車体が腐食するようになります。

このNボックスは防錆塗装を済ませ街の中を走ってます(防錆塗装で車両の寿命は延びるでしょう)

何処のメーカーの軽自動車も錆びるのが早く要注意!

一度、貴方の愛車の下廻りを覗いて見て下さい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加中なので高山情報のバナーをクリックして下さい。

Filed under: 仕事 — masao 9:59 PM  Comments (2)

原山・松倉山からヤッホー

 膝の具合を試しに北アルプスの展望台へ

原山 (はらやま) 904m 8回目 1234567・8

松倉山 (まつくらやま) 875m 7回目 123456・7

原山・松倉山

2015年12月20日岐阜県高山市の原山松倉山をめざしました。

10時36分岐阜県高山市新宮町の旧原山スキー場の駐車場より単独で登山開始。

前回、池田山の登ったとき膝に異常を感じたので、今日は、膝の具合を試しに登ります。

271220原山・松倉山11

11時14分原山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

過去、7回原山の山頂に登りましたが、今日は最高の展望でした。

271220原山・松倉山15

原山の山頂から西方を望むと雪を被った白山が望めました。

271220原山・松倉山20

絵馬市で有名な松倉観音堂で商売繁盛を祈り松倉山へ向う。

271220原山・松倉山35

11時36分松倉山(松倉城の本丸)に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

山頂からは乗鞍岳、焼岳、穂高連峰、槍ヶ岳、笠ヶ岳、黒部五郎岳、北ノ俣岳などが望め素晴らしい展望を楽しめました。

271220原山・松倉山37

松倉山から望む乗鞍岳。

271220原山・松倉山48

松倉山の本丸下の広場から北アルプスの山々を満喫。

271220原山・松倉山57

12時14分原山の山頂まで戻り、高山の町と穂高の山々、南岳、中岳、大喰岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳、黒部五郎岳、北ノ俣岳などを望む。

最高です!

271220原山・松倉山64

旧原山スキー場のススキ原から北アルプスの山々を望む。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ村のランキングに参加中ですので登山バナーをクリックして下さい。

宜しくお願いします。

*****

今日は、山の神の還暦祝いの食事会を行うので遠い山へは行かないように家族から言われていたので、池田山で膝に異常を感じたので試しに、オイラのホームグランドの原山と松倉山へ登りました。

山頂からの展望は、過去何回か登った原山・松倉山で経験した事の無い素晴らしい展望で大満足でした。

膝の具合は池田山の時より少し楽でしたのでひと安心(今後も山へ登れそう)です。

原山・松倉山の神様に見守られ無事下山できました「原山・松倉山の神様ありがとうございました」

*****

詳しくはヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 9:36 PM  Comments (2)

樋口果樹園へ

  孫に連れられリンゴ刈り

20151213_103202

今日は、空模様もイマイチで膝の調子もイマイチだったので、家族でリンゴ刈りに行く。

高山市江名子町の樋口果樹園のリンゴの木のオーナーになっているので、孫たちに連れられてリンゴ刈りを楽しんできました。

今年は、1本の木に生っているリンゴの個数は少なめでしたが、リンゴの大きさは大きめで蜜がいっぱい入っていました。

リンゴ刈りが終わると我が家も年の瀬で忙しくなり大晦日を迎えます。

本年ももう少し頑張ろう!

Filed under: 散歩 — masao 7:48 PM  Comments (2)

池田山からヤッホー

  IKEDA町の東海自然歩道を登り展望台へ

池田山 (いけだやま) 924m

池田山

2015年12月6日岐阜県揖斐郡池田町の池田山をめざしました。

7時58分揖斐郡池田町藤代の霞間ヶ谷登山口から単独で登山開始。

271206池田山01

登山口に立つ看板には池田山まで5.8Kmと書かれていました。

頑張って登るぞ!

271206池田山05

登山道には、まだ紅葉(黄葉)が残っていました。

271206池田山09

よく踏み込まれ幅広い登山道をジグザグに登りました。

271206池田山19

焼石神社に到着し、今日の登山の安全を祈る。

271206池田山24

パラグライダーの離陸場からの展望。

271206池田山33

10時21分池田山の山頂に到着。

ヤッホー  ( -。)<<<<

曇り空のためか展望はあまり良くなく寒かった。

271206池田山46

パラグライダーの離陸場まで下山したら、ちょうどパラグライダーが離陸した直ぐでした。

271206池田山49

ナツツバキの森に見事に咲いていたツバキの花。

271206池田山53

霞間ヶ谷登山口付近の紅葉は見応えありで綺麗でした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山バナーをクリックして下さい。

*****

岐阜市から西を望むと、雪を被った伊吹山を背後に従え、西美濃平野に接する大きな山魂が見える。

池田山を最高峰として、北は春日村、南は関ヶ原まで広がっている。

池田山は舗装された林道が山頂近くまで通じ、車で簡単に登れる山です。

今日は、東海自然歩道を歩き池田山まで往復しました。

登山道は幅広く歩き易く気持ちの良い道でしたが、所々舗装された林道を横断するので不満でした。

登山道は整備されすぎて、分岐でちょこっと迷いました。

山頂の展望は曇り空なのであまり良くありませんでした。

下山中の登山道で何時もと違う膝の痛みを感じ下山しましたが、今後が少し心配です。

今日も、池田山の神様に見守られ無事下山できました「池田山の神様ありがとうございました」

*****

詳細はヤマレコに書き込みましたのでご覧下さい。

 

Filed under: 山登り — masao 9:47 PM  Comments (2)