高社山からヤッホー\(^o^)/

  「高井富士」と呼ばれる独立峰で彩雲を見た

高社山 (こうしゃさん) 1352m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ   にほんブログ村のランキングに参加中の為、登山バナーをクリックしてチョウダイ!
にほんブログ村

高社山無題

2016年5月29日長野県下高井郡山ノ内町の高社山をめざしました。

280529高社山01

7時35分長野県下高井郡山ノ内町大字赤岩の谷厳寺の南側の墓地より単独で登山開始。

280529高社山02

登り始めの登山道の脇にはこんな像がありました。

280529高社山07

天狗の飛び石と呼ばれる岩に到着。

280529高社山13

登山道の脇には鮮やかなツツジの花が咲いていました。

280529高社山19

土用場から一杯清水へ向かいましたが水場は枯れていたので再び土用場まで戻り小休止。

この時、2人の方が居て「高社山の山頂からトレイランの選手が下りてくるのでご迷惑を掛けます」との事でした。

280529高社山26

急坂を駆け下るトレランの選手。

280529高社山31

10時12分高社山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

高社山の山頂は360度の展望。

280529高社山32

高社山の山頂から火打山方面を望みました。

280529高社山39

幸福を呼ぶと言われている彩雲を発見。

280529高社山40

彩雲をアップで撮影。

UFOのような形です。

天気が崩れる時に現れると言う説もあるそうです。

280529高社山43

高社山の山頂で食事を済ませ、360度の展望を楽しみ、彩雲を見て、山頂より下山開始。

********

高社山は善光寺平の北端、志賀高原の入り口に大きな裾野と秀麗な山容で鎮座している。

整った山容から「高井富士」とも呼ばれる独立峰で、標高の割によく目立つ山です。

谷厳寺の南側の墓地から登山開始し、谷厳寺裏を抜け、中尾根に取り付き、スギ林のの登山道を登って行きます。

尾根道の登山道の脇には石仏があり高社山の山頂まで続いてます。

天狗の飛び石を過ぎた辺りから明るく気持ちの良い広葉樹林の登山道となり、眼下に善光寺平、先々週に登った斑尾山などが望めた。

尾根道を1時間50分程度登り続けると胴結場と呼ばれる広場に着き小休止し(その時、2人の方がいらっしゃって「高社山の山頂からトレイランの選手が下りて来るので迷惑を掛けます」との事)でした。

胴結場を後にして急坂を登って行くと200人程度のトレイランの選手とすれ違いました。

登山道には阿弥陀如来横を通過し、右に回りこんで大岩の下を通過すると、薬師岩、天狗岩、大黒岩などの大岩があり、クサリ場やロープ場を登り切ると、西峰に着きました。

痩せた尾根を歩き、屏風岩を過ぎると高社山の山頂に着きました。

高社山の山頂では360度の展望が楽しめ、彩雲の珍現象も見られ思い出に残る山になりました。

今日も、高社山の神様に見守られ無事下山できました「高社山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 10:25 PM  Comments (2)

甲武信ヶ岳からヤッホー\(^o^)/

  千曲川の源流を上り百名山へ

甲武信ヶ岳 (こぶしがたけ) 2475m

三宝山 (さんぽうやま) 2484m

大山 (おおやま) 2225m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョウダイ!
にほんブログ村

甲武信ヶ岳

2016年5月22日山梨県山梨市の甲武信ヶ岳と長野県南佐久郡の三宝山と埼玉県秩父市の大山をめざしました。

280522甲武信ヶ岳01

4時32分長野県南佐久郡川上村大字梓山の毛木平の駐車場より単独で登山開始。

280522甲武信ヶ岳10

日光の竜頭ノ滝を連想させる滑滝。

280522甲武信ヶ岳12

この沢が千曲川の始まり。

長野県内では千曲川と呼ばれ新潟県になると信濃川と呼ばれる日本で一番長い川の源流。

280522甲武信ヶ岳13

千曲川・信濃川の水源地標。

ここから流れ出た一滴の水が千曲川から信濃川へ流れ日本海へ流れ込む。

280522甲武信ヶ岳19

7時49分甲武信ヶ岳の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

甲武信ヶ岳の山頂からは遠くに富士山が望めました\(^o^)/

280522甲武信ヶ岳24

8時41分三宝山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

三宝山の山頂は展望は良くありませんでした。

280522甲武信ヶ岳41

10時19分大山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

大山の山頂からの展望は良く秩父の山々が望めました。

280522甲武信ヶ岳43

大山の山頂に咲くシャクナゲの花。

280522甲武信ヶ岳52

十文字峠の十文字小屋にはシャクナゲの花が咲き乱れ素晴らしい光景でした。

********

日本百名山の甲武信ヶ岳は、以前に金峰山に登頂した時から気になっていた山でしたので、今回午前1時過ぎに飛騨高山を出発し登頂を済ませる事が出来ました。

甲武信ヶ岳は千曲川、富士川、荒川の水源の山として有名で、長野県南佐久郡、山梨県山梨市、埼玉県秩父市の境を分けかつ山です。

今回は、毛木平の駐車場から千曲川の源流帯を遡り、水源地を見て甲武信ヶ岳の山頂に向かい、十文字峠を経由して毛木平の駐車場に戻るルートで甲武信ヶ岳へ登頂しました。

毛木平から林道をしばらく進むと大山神社があり、その先から千曲川源流遊歩道が千曲川水源地標までのびている。

千曲川の左岸を、渓流の流れる音を聴きながら傾斜の緩やかな歩くと、巨大な一枚岩の滑滝(日光の竜頭ノ滝を連想する)が現れ、滝を眺めながら小休止して、千曲川・信濃川水源地標に向かいました。

急坂を経て山腹を巻いた先が、千曲川・信濃川水源地標の立つ場所に着く。

水源地に水場があるかと思ったが、それらしき所が無く、水を頂けず、林床が苔むす針葉樹林の急斜面登り切り尾根道に出て甲武信ヶ岳の山頂をめざしました。

甲武信ヶ岳の山頂には大きなケルンに「日本百名山甲武信岳」と書かれた標柱が立つていて、展望はあまり感動が得られなかった。

甲武信ヶ岳の山頂でおにぎりを食べその後、三宝山、大山を経て十文字峠へ向かいましたが登山道は樹林帯の中を歩き、退屈な道中でしたが大山の山頂の展望はやや満足でした。

 十文字峠に着くとシャクナゲの花はとても美しく感動し、シャクナゲの花の見事さを瞼に焼き付け、毛木平の駐車場へ急いで戻りました。

甲武信ヶ岳、三宝山、大山の神様に見守られ無事下山できました「甲武信ヶ岳、三宝山、大山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 11:23 PM  Comments (2)

斑尾山からヤッホー( -。)<<<<

  北信五岳で標高が一番低い独立峰

斑尾山 (まだらおやま) 1382m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村  にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョウダイ!

斑尾山

2016年5月15日長野県上水内郡信濃町の斑尾山をめざしました。

280515斑尾山01

7時29分長野県上水内郡信濃町大字荒瀬原の即心院から単独で登山開始。

280515斑尾山11

登山道を登り稜線に着いた所が釜石山の山頂でした。

ヤッホー ( -。)<<<<

釜石山と書かれた看板が無ければ山頂に気付きませんでした。

280515斑尾山47

稜線の登山道は歩き易くて気持ちの良い道でした。

280515斑尾山13

蟻のと渡りに着きましたがヤセ尾根で緊張するかと思いましたが登山道は普通の尾根道でした。

280515斑尾山19

大明神岳の山頂の手前の登山道に咲いていたイワカガミの花。

280515斑尾山23

9時12分大明神岳の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

大明神岳の山頂からは野尻湖が望め、空が霞んでいなければ良い展望を期待できそうです。

280515斑尾山26

大明神岳から斑尾山の山頂まではブナ林の登山道で心が和む山歩きが出来た。

280515斑尾山34

9時29分斑尾山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

斑尾山の山頂からの展望はイマイチで、ラーメンを食べ下山しました。

280515斑尾山43

登山道の脇に咲いていたアカヤシオの花は鮮やかでした。

********

斑尾山は、長野県飯山市・信濃町との境にある、標高1382mの北信五岳のひとつで約100万年前の火山だったが40~30万年前に周辺に火砕流を発生させ火山活動を停止したと考えられる

荒瀬原の斑尾山登山口の即心院のそばに車を止め、林道とスギ林の道を登って行き分水場を過ぎる。

何度か林道を横切り、高度を上げて行き、急な登山道を登り切ると釜石山に着き、右方向のへ進み雑木林に囲まれ展望の悪い尾根道を登って行くとヤセ尾根となり、ここが「蟻のと渡り」と呼ばれる石原山でした。

石原山から大明神岳の間には岩場があり、そこには綺麗なイワカガミの花が咲いていて、さらに登ると大明神岳に着き、野尻湖が望めましたが、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯綱山などは霞んで望めませんでした。

大明神岳の山頂から斑尾山の山頂までの登山道はブナ林で心が和み楽しく登れました。

斑尾山の山頂の展望はイマイチで虫がいっぱい飛んでいたので早々にラーメンを食べ下山しました。

文部省唱歌「ふるさと」に歌われている♪うさぎ追いしかの山♪は、この斑尾山をさしていると言う説がある山なので「うさぎ」を探して登りましたが「うさぎ」は現れませんでした。

斑尾山の神様に見守られ無事下山できました「斑尾山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 9:10 PM  Comments (2)

簗谷山からヤッホー

 ヤシオ・クマガイ・シャクetcを観察

簗谷山 (やなたにやま) 1214m 3回目 12・3

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  登山バナーをクリックして下さい。 

にほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加中なので宜しくお願いします。

簗谷山

2016年5月8日岐阜県下呂市金山町の簗谷山をめざしました。

280508簗谷山01

8時4分岐阜県下呂市金山町弓掛の簗谷より単独で登山開始。

280508簗谷山07

クマガイソウの群生地。

群生地の周りにはロープが張られ保護されていました。

280508簗谷山08

クマガイソウを近くで見るとこんな感じです。

280508簗谷山16

小鹿の涙に到着。

この近くにヤマシャクの花が咲いているとの事でしので「小鹿の涙」の付近を検索。

280508簗谷山18

「小鹿の涙」付近でヤマシャクの花を発見。

280508簗谷山22

登山道の脇に咲くシロヤシオの花。

280508簗谷山31

岳美岩に寄って御嶽山の展望を楽しむ。

280508簗谷山34

9時41分簗谷山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

簗谷山の山頂からは北アルプスの山々、乗鞍岳、御嶽山、恵那山などが望めました。

280508簗谷山40

簗谷山の山頂の登山者の様子。

天気が良く、展望が良いので皆さんご機嫌でした。

280508簗谷山52

ブナの木ルートの水場付近。

280508簗谷山51

ブナの木ルートの水場付近に咲くヤマシャクの花

280508簗谷山54

登山道の脇にひっそり咲いていたタニギキョウの花。

********

今日、登頂した簗谷山は過去2回秋に登りましたが、初夏に登頂するのは今回初めてでした。

快晴の五月晴れに、見応えのある新緑とシロヤシオ、クマガイソウ、ヤマシャク、タニギキョウ等の花々が観察でき満足でした。

クマガイソウの花とヤマシャクの花は初めて見る花で興味深く観察しました。

簗谷山の山頂からの展望は北ノ俣岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳、槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳、北穂高岳、涸沢岳、奥穂高岳、西穂高岳、焼岳、乗鞍岳、御嶽山、恵那山等が望め大パノラマが楽しめました。

簗谷山の登山道は所々岩がゴロゴロしてますが歩き易く道も明瞭でハイキングに向く山でした。

簗谷山の神様に見守られ無事下山できました「簗谷山の神様ありがとうございました」

********

詳細は後日ヤマレコに書き込みますので4649!

Filed under: 山登り — masao 8:32 PM  Comments (2)

焼岳からヤッホー

  毎度おなじみの活火山へ!

焼岳 (やけたけ) 2393m 9回目 12345678・9

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ登山バナーをクリックして下さいにほんブログ村

にほんブログ村のランキングに参加中なのでご協力お願いします。

焼岳

2016年5月5日岐阜県高山市の焼岳をめざしました。

1年ぶりで9回目の登頂です。

280505焼岳02

6時49分長野県松本市安曇の安房峠10号カーブの上の待避所から単独で登山開始。

新しく登山口に備え付けられた看板。

昨年はこんな看板はありませんでした。

280505焼岳05

標高1900付近の登山道は樹林帯の中で残雪の上を歩きました。

280505焼岳06

りんどう平付近まで到着すると標高2300mの山頂(焼岳はありません)が望めます。

280505焼岳11

下堀沢の上部の斜面を焼岳の南峰と焼岳の北峰の鞍部へ向って登って行く。

今回はツボ足で登りました。

280505焼岳17

焼岳北峰の手前の噴火口。

以前より噴火口からの噴煙が多いような感じでした。

280505焼岳18

9時8分焼岳北峰の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

焼岳北峰の山頂は風が強く寒々としていた。

280505焼岳19

焼岳北峰の山頂から昔の噴火口と池を眺める。

穂高の山々や笠ヶ岳や乗鞍岳は雲があって望むませんでした。

280505焼岳30

焼岳北峰の山頂はとても寒くて早々に山頂より下山しました。

********

焼岳は「日本百名山」の一座として、近年特に人気が高まっている。

活火山であり、上高地の大正池を形作った1915年(大正4年)の噴火をはじめ、近年も小活動を起こして登山規制が行われていた。

しかし1992年(平成4年)に規制が緩和され焼岳北峰まで登れるようになっている。

登山口は安房峠の長野県側の10号カーブ付近にあり、平らな登山道を5分程度歩き、うっそうとした針葉樹林の中をジグザグに登って行き一度下った辺り(標高1850m付近)から残雪の登山道となりました。

残雪の登山道を登って行くとシラカバの木々の生える「りんどう平」に着き、一息入れさらに登って行くと下堀沢に着きました。

下堀沢からは左側の斜面をトラバースするような感じで50分程度登って行くと、焼岳南峰と焼岳北峰の鞍部に到着し、右側の噴火口の下を通り抜けて進むと焼岳北峰の山頂と中尾峠の分岐に出て、左へ上って行くと焼岳北峰に到着しました。

焼岳北峰の山頂は曇り空のため、穂高の山々、笠ヶ岳、乗鞍岳、霞沢岳などは望めず風が強くてとても寒く、山頂での休憩もそこそこに下山しました。

昨年の5月3日に焼岳に登頂した時と比べると、残雪の量は半分くらいで今年の雪の少なさを感じた登山となりました。

今日も焼岳の神様に見守られ無事下山でき「焼岳の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 7:19 PM  Comments (2)

奥獅子吼山からヤッホー

 尾根の登山道はカラクリロード

奥獅子吼山 (おくししくやま) 928m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中

         登山バナーをクリックしてチョウダイ!にほんブログ村

奥獅子吼山

2016年5月1日石川県金沢市の奥獅子吼山をめざしました。

280501奥獅子吼山01

7時46分石川県白山市八幡町のスカイ獅子吼山麓駅より単独で登山開始。

280501奥獅子吼山03

登り始めの登山道の脇に咲いていたシャガの花。

280501奥獅子吼山09

登山道の展望地から手取川の扇状地を望む。

280501奥獅子吼山10

登山道の脇に咲くイカリソウ。

280501奥獅子吼山11

登山道の脇にひっそりと咲くチゴユリの花。

280501奥獅子吼山15

尾根沿いの登山道の脇はカタクリの花が咲き乱れてとても綺麗でした。

280501奥獅子吼山40

奥獅子吼山の山頂手前まで登ったらイワウチワの花が咲いていました。

280501奥獅子吼山42

10時15分奥獅子吼山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

奥獅子吼山の山頂からの展望は白山方面が望めますが、今日は遠くが霞んであまり良く見ませんでしたので「みどりのタヌキ」を食べ下山しました。

********

奥獅子吼山は豊富な花と手取川扇状地の大展望が魅力の山でした。

登山道にはシャガ、イカリソウ、チゴユリ、カタクリ、イワウチワ等の花々が咲き乱れて楽しい山登りが楽しめました。

展望は手取川扇状地と白山方面の山々がぼんやりと望めた程度でイマイチの感じで、ちょっと不完全燃焼でした。

最初登山口が判り難く苦労しましたが、登山道は歩き易く、最初のスギ林の九十九折れの登り切ってからは、わりかし緩やかな道で登山道の脇の花々を眺めながらルンルン気分で登れました。

奥獅子吼山の山頂は広々とした山頂で目ぼしいものは無かった。

奥獅子吼山の神様に見守られ無事下山できました「奥獅子吼山の神様ありがとうございました」

*******

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 9:26 PM  Comments (2)