三ノ峰・別山からヤッホーo(^o^)o

  越前から高山植物の宝庫へ登る

三ノ峰 (さんのみね) 2128m 3回目 12・3

別山 (べっさん) 2399m 2回目 1・2

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョウダイ!
にほんブログ村

別山

2016年7月24日岐阜県高山市荘川町の三ノ峰と岐阜県大野郡白川村の別山をめざしました。

P1040952

6時24分福井県大野市上打波の上小池駐車場より単独で登山開始。

P1040992

稜線の登山道の様子。

シシウドの花が咲いてます。

P1050021

稜線の登山道の右側はお花畑状態です。

P1050024

登山道の脇にはマツムシソウの花が咲いていたので、しばらく見惚れる。

P1050039

シナノキンバイの花も見事に咲いています。

P1050055

別山平はゼンテイカ(ニッコウキスゲ)のお花畑でした。

P1050089

11時22分別山平に着く。

別山平の御手洗池からの展望(別山はガスの中)

P1050067

この花はセンジュガンピの花で白色が綺麗です。

P1050057

三ノ峰避難小屋の近くにハクサンフウロの群生があり綺麗に咲いていた。

P1050118

11時58分別山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

別山の山頂はガスで展望は望めず、昼食(おにぎり)を済ませ早々に下山しました。

P1050147

ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)の花は今が盛りで、稜線の登山道から下りて下方から撮影した。

P1050150

まるで天国のようなお花畑でした。

♪おら死んでしまっただ~天国へいっただ~♪

P1050187

三ノ峰の避難小屋まで下山し、登山口へ急ぎました。

********

今回は、5年ぶりに白山連峰の別山に登りましたが、以前に登った時より展望は良くなかったが、花は沢山咲いていて見事でした。

さすが白山連峰は花の豊富な山だと感心した。

登山道は、上小池駐車場の登山口からいったん下り、林道に出て10分程度歩き、本格的な登山道となります。

登山道は、丸太で作られた階段を登り、尾根を越えて湿地の登山道を進み、スギの林を通り過ぎる辺りから歩き易くなり広葉樹林の登山道をジグザグに登って行き、稜線の三本檜に着き小休止(ここまでの行程は気温と湿度が高いせいか以前の時より辛かった)

稜線を三ノ峰へ向けて登って行くと、剣ヶ岩に着き、この辺りから登山道の脇は花が沢山咲いていてルンルン気分で歩け急坂も苦になりませんでした。

三ノ峰に着き、1回目の昼食(梅おにぎり)を食べながら、別山へ行こうか?行かないか?悩み、とりあえず別山平まで行くことに決め、別山平へ向かいました。

三ノ峰から別山平まではアップダウンの登山道ですが、登山道の脇にはゼンテイカ(ニッコウキスゲ)の花、クガイソウの花、ハクサンフウロなどの花が咲き乱れ、まるで天国へいった感じでした。

三ノ峰から別山平までの工程時間が思ったより短かったので、小休止し、別山まで向かう事にして別山山頂をめざしました。

別山の山頂はガスの為、展望はイマイチで2回目の昼食(梅おにぎり、メロンソーダ)を済ませ三ノ峰へ戻り、その後登山口まで無事戻りました。

今日も三ノ峰と別山の神様に見守られ無事下山できました{三ノ峰と別山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

 

Filed under: 山登り — masao 9:55 PM  Comments (2)

奥丸山からヤッホー( ^o^)/◇

 キスゲ咲く山頂は360度の大展望

奥丸山 (おくまるやま) 2440m 4回目 123・4

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョウダイ!
にほんブログ村

奥丸山

2016年7月18日岐阜県高山市の奥丸山をめざしました。

280718奥丸山01

5時36分岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の新穂高の有料駐車場より単独で登山開始。

280718奥丸山19

滝谷を渡りました。

280718奥丸山27

槍平のキャンプ場の所を左へ行き飛騨沢を渡ると奥丸山へ向かう登山道です。

280718奥丸山39

槍ヶ岳をバックに咲くニッコウキスゲの花。

280718奥丸山44

登山道の脇はニッコウキスゲの花が咲き乱れてました。

280718奥丸山54

10時37分奥丸山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

奥丸山の山頂は360度の大展望で乗鞍岳、焼岳、穂高連峰、南岳、中岳、大喰岳、槍ヶ岳、樅沢岳、双六岳、弓折岳、大ノマ岳、抜戸岳、笠ヶ岳などが望め最高の展望を楽しめました。

280718奥丸山61

奥丸山の山頂から望む穂高の山々。

滝谷にはまだ雪渓が残ってます。

280718奥丸山67

奥丸山の山頂から笠ヶ岳、抜戸岳を望む。

280718奥丸山72

奥丸山の山頂から中崎尾根へ向かう途中に槍ヶ岳を望む。

********

新穂高温泉の蒲田川右俣谷と左俣谷を分ける尾根が中崎尾根で、その尾根に奥丸山のある。

槍ヶ岳西鎌尾根の千丈沢乗越付近から派生したこの中崎尾根は、東の槍・穂高連峰と、西の弓折岳・抜戸岳・笠ヶ岳の尾根の間に細長く割って入った、特異な地形を形成している。

中崎尾根の最高峰の奥丸山からは、穂高連峰、槍ヶ岳、双六岳、抜戸岳、笠ヶ岳などの眺望が素晴らしい。

特に、東側正面の北穂高岳滝谷の全容を間近に望む事が出来、西側正面には雄大な抜戸岳と笠ヶ岳の全容が望める。

新穂高温泉から右俣林道を白出沢出合まで長~い林道を歩き、沢を渡り、樹林帯の中の登山道を滝谷出合を経て3時間30分程度歩き、槍平に着きました。

槍平のキャンプ場奥にある谷を渡ると奥丸山の登山口があり、祠を通り過ぎガレ場を少し登り右側の折れ尾根に取付く。

登山道はジグザグを繰り返しオオシラビソやトウヒの樹林の中を登り、所々ヤセ尾根があり、振り返ると南岳や中岳が望め、しばらく登るとダケカンバの巨木が現れ、登山道は右に傾上し稜線の鞍部に着く。

鞍部は千丈乗越と奥丸山の分岐に着き、左方向の奥丸山へ向かい、ニッコウキスゲの咲く見晴らしの良い尾根を進むと奥丸山の山頂に到着しました。

奥丸山の山頂からの展望は雲一つ無い360度の大展望で、展望を楽しみながら昼食を済ませ、中崎尾根を南西へ1800m程度下り中崎山と左俣林道の分岐を左俣林道方面に向かいました。

左俣林道へ向かう奥丸新道は急坂で木の根が張って滑りやすく歩き難かったので、ゆっくり下り左俣林道まで到着し、新穂高温泉まで戻って来ました。

今日も奥丸山の神様に見守られ無事下山できました「奥丸山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 8:43 PM  Comments (2)

弓折岳からヤッホー

  白山一花・稚児車・信濃金梅を求めて

弓折岳 (ゆみおれだけ) 2588m 3回目 12・3

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョウダイ!
にほんブログ村

弓折岳

2016年7月10日岐阜県高山市の弓折岳をめざしました。

280710弓折岳01

5時44分岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の新穂高の有料駐車場より単独で登山開始。

280710弓折岳12

秩父沢に到着し水分を補給。

沢にはまだ雪渓が残っていました。

280710弓折岳16

シシウドヶ原から大ノマ乗越を見上げる。

280710弓折岳27

鏡平の鏡池から槍ヶ岳方面を望む。

280710弓折岳36

鏡平から弓折乗越に向かう途中の登山道に咲くチングルマの花は見応えあった。

280710弓折岳43

槍ヶ岳と鏡平を望む。

280710弓折岳49

登山道の脇に咲くシナノキンバイの花。

280710弓折岳67

本日の一番の楽しみはハクサンイチゲの花を見る事でした。

280710弓折岳60

弓折岳の山頂から鷲羽岳方面を望む。

280710弓折岳72

シナノキンバイとハクサンイチゲのお花畑。

********

今日は、久しぶりに北アルプスへ登って山々の展望と高山の花々を楽しんできました。

梅雨の晴れ間に槍・穂高を美しく眺める為に、左俣林道から小池新道を登り、鏡平を経て弓折岳まで往復しました。

蒲田川の端を渡り、左俣林道のゲートの所に設置された登山ポストに「登山計画書」を投函し、林道を進むと林道の左側に穴毛谷の広い河原が現れ、さらに左俣林道を先に進むと橋があり、その先に発電所の水の取入口がある。

発電所の水の取入口を右側に見て通り過ぎると笠新道の登り口があり、ここで最初の水分補給をする(水の量は以前より少ないような感じ)

やがて左俣林道はブナの林に覆われワサビ平小屋に着く。

この辺りの平坦地のブナ林はここの特徴で、イワガラミやツルアジサイなどつる植物の花がブナの木に絡んでいる。

ブナ林を抜けると川沿いとなり、橋の手前で左の小池新道を始まりとなり、いったん川原に下ったら、奥抜戸沢のゴーロの中を行く。

岩塊の斜面を横切る辺りからは槍ヶ岳や穂高連峰が見えてくる。

その先で秩父沢に着き、ここで2回目の水分補給(水はとても冷たく美味しかった)をして先へ進み、チボ岩、イタドリヶ原、シシウドヶ原と進みシシウドヶ原で小休止しました。

小休止を終えて、大ノマの谷から右方向に折れ鏡沢へ登って行き熊ノ踊り場を過ぎ、右方向へ登り詰めると鏡池に着きました。

鏡池から望む槍ヶ岳や穂高連峰は鏡池に写りその姿は神秘的でした。

鏡池での展望を楽しんだ後、鏡平山荘の前を通り過ぎて弓折乗越へ向かいました。

弓折乗越へ向う登山道はチングルマなどの花々が咲き楽しく登れ、弓折乗越へ着きました。

弓折乗越から弓折岳へ向かう稜線の展望は素晴らしく、登山道の脇にはハクサンイチゲ、シナノキンバイ、チングルマ、クロユリなどが咲き花の天国でした。

弓折岳の山頂で360度の大パノラマ(弓折岳の山頂に着いた時は笠ヶ岳と槍ヶ岳、穂高連峰はガスの中)を楽しみ昼食を済ませ登って来た道を下山しました。

今回も、弓折岳の神様に見守られ無事下山できました「弓折岳の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 10:04 PM  Comments (0)

登山者の必読書

  岐阜県警察山岳警備隊!

GIFU POLICE

RESCUE

FRONT LINE

P1040472

山と渓谷社から出版された「岐阜県警レスキュー最前線」を読みましたが、なかなか面白く読ませていただきました。

山岳警備隊員(岐阜県警の警察官)の救助の苦労話、登山者の注意事項、隊員の心得など書かれ大変参考になりました。

山に興味のある方や山登りをされる方は、この本を読まれ参考にされれば、山岳遭難を防ぐのに役立つと思います。

本の文章も肩の凝る表現も無く、難しい専門用語も無く、気軽に読める内容で面白く読め、今後の参考になりました。

早く梅雨が明け山へ行けますように!

Filed under: 山登り — masao 3:57 PM  Comments (0)