姥ヶ岳からヤッホー

  山姥が住んでいた山へGO!

姥ヶ岳 (うばがだけ) 1454m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b3

2016年11月13日福井県大野市の姥ヶ岳をめざしました。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b302

8時36分福井県大野市巣原の平家平雨量観測所の施設のそばから単独で登山開始。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b310

大変よく手入れされたブナの森に心が癒されました。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b312

半年後が見応えある水芭蕉群生地を通過。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b314

登山道の脇に聳えるブナの大木の幹にはランが寄生していました。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b318

10時26分姥ヶ岳の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

姥ヶ岳の山頂からの展望は南側と西側はイマイチです。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b325

姥ヶ岳の山頂から北側を望むと白山と別山と荒島岳が望めました。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b342

ブナの森まで下山。

姥ヶ岳の登山コースでこのブナの森が一番印象的でした。

281113%e5%a7%a5%e3%83%b6%e5%b2%b349

登山口付近の黄葉は綺麗でした。

********

姥ヶ岳は真名川の上流、雲川と笹生川に挟まれた平らな山稜で、岐阜県境の刈安山を起点とする北方稜として、雲川と笹生川の合流点に降下している大きな山魂です。

姥ヶ岳の頂上から北西に向かって広がる高原状の斜面は平家平と呼ばれ、平家の落人が隠れ住んだと言われているそうだ。

山名の由来は、山頂近くの洞穴に山姥が住んでいたと言う伝説から姥ヶ岳と呼ばれるようになったそうです。

登山口はスギの木の所にあり50m程度進むと広葉樹の緩やかな登山道となり、林道を3回横切り、さらに登ると林道終点着き、気持ちの良いブナの森が現れ心が和まされました(落葉したブナの大木も見応えあります)

ブナの森からは目的地の姥ヶ岳も望めました。

登山道はブナの森からいったん下り、沢を渡って右へ巻いて登り、再び下ると水芭蕉の群生地に着く(半年後はさぞかし水芭蕉の花が見事だろう)

水芭蕉の群生地から標高1447mまでは緩やかな登りで、小さいアップダウンを繰り返し進むと姥ヶ岳の山頂に着きました。

姥ヶ岳の山頂からの展望は南と西の方向はイマイチですが、北と東の方向は白山、別山、荒島岳、笹生川ダム、北アルプス、乗鞍岳等が望め満足でした。

姥ヶ岳の山頂付近で山姥が住んでいた洞穴を探しましたが見当りませんでした。

姥ヶ岳の神様に見守られ無事下山できました「姥ヶ岳の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 10:06 PM  Comments (0)

納古山からヤッホー

 七宗町の里山から飛騨川を望む

納古山 (のこやま) 633m 6回目 12345・6

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b1

2016年11月6日岐阜県加茂郡七宗町の納古山をめざしました。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b101

9時13分岐阜県加茂郡七宗町の木和谷林道より単独で登山開始。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b104

ここの水場を過ぎると登山道は沢と別れます。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b109

天空岩の展望台からの光景。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b120

納古山の山頂手前の展望岩からの光景。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b122

10時5分納古山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

納古山の山頂からは360度の展望ですが、今日は遠くが霞みイマイチでした。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b128

納古山の山頂から飛騨川を望む。

最初に登った頃より手前の木々が成長して飛騨川が目立ちませんでした。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b131

納古山の山頂で360度の展望を楽しみながら昼食を済ませ下山開始。

281106%e7%b4%8d%e5%8f%a4%e5%b1%b138

下山途中に目についた枯れ木。

********

日曜日は太平洋側は☀で飛騨地方は☁なので地元の里山を諦め納古山に登ったのです。

初心者向けの登山コースとして知られる納古山は

徒歩で谷川の水音を楽しみながら短時間で頂上に立つことができます。

遠方に望む恵那山・御岳・乗鞍・白山など360度の眺めはみごとで必ずまた登りたくなる山ですが今日は遠方が霞んで見えず残念でした。 

今回も納古山の神様に見守られ無事下山できました「納古山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 9:28 PM  Comments (2)