猿投山からヤッホー

 今年最後の山登りは干支「猿」の山

猿投山 (さなげやま) 629m 2回目 1・2

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b1

2016年12月25日愛知県豊田市の猿投山をめざしました。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b101

8時6分愛知県瀬戸市白坂町の雲興寺の駐車場から単独で登山開始。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b105

沢沿いの登山道に作られた木の階段。

登山道は整備され歩き易かった。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b115

登山道の樹間からの光景は恵那山と中央アルプスが望めました。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b116

目の前に猿投山の山頂が見えます。

登山者が数人休憩中です。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b117

9時38分猿投山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

猿投山の山頂は風が強くとても寒かったので、早々に食事を済ませ下山開始しました。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b121

猿投山の山頂付近から望めた御嶽山。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b125

北歩道コース分岐「陽だまりの休憩所」から望める光景。

281225%e7%8c%bf%e6%8a%95%e5%b1%b138

登山口付近にある池の光景。

*******

猿投山は尾張と三河の国境に位置し、標高は629mとあまり高くないが、濃尾平野の東の端に位置している一等三角点の山です。

雲興寺のに参拝して、寺のすぐ前の県道を横切り、小さな橋を渡ったらすぐ左へ曲がって5分程度進み沢を渡り右へ曲がると、この辺りから道は登山道らしくなる。

樹林帯の登山道を沢沿いに登って行くと木で作られた階段がある辺りから登山道は急坂になり、急坂を登りきって左へ曲がると鉄塔と休憩所がある。

鉄塔からは緩やかな尾根道となり、アップダウンを繰り返して右へ曲がり、少し急な坂を下るとトイレのある広場があるり、その手前の分岐を左の北歩道コースへ向かいました。

歩き易い登山道を進んで行くと右側に桧平窯跡があり、さらに進むと林道に出て、ここを登って行くと林道は行き止まりとなり、再び樹林帯の登山道となりました。

樹林帯の登山道は本日のコースで一番の急登で大きな岩があり、岩の所を過ぎて、しばらく進み尾根の分岐「陽だまりの休憩所」に着き小休止し、山頂へ向かいました。

稜線のアップダウンの登山道を進んでしばらく進むと猿投山の山頂に到着しました。

山頂の展望は瀬戸の街が望め、遠くに御嶽山、白山、恵那山等が望めましたが、風が冷たくてとても寒く、早々に食事を済ませ下山しました。

猿投山の神様に見守られ無事下山できました「猿投山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みました。

Filed under: 仕事 — masao 9:48 PM  Comments (2)

安峰山からヤッホー

 瀧が三葉を探しに行った「気多若宮神社」の裏山へ

安峰山 (あんぼさん) 1058m 4回目 123・4

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b1

2016年12月18日岐阜県飛騨市古川町の安峰山をめざしました。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b101

映画「君の名は」で瀧が三葉を探し回った「気多若宮神社の裏山へ登ろう。281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b102

8時52分岐阜県飛騨市古川町上気多の気多若宮神社裏の林道から単独で登山開始。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b107

登山道を登って行く途中で自分の目の高さにある雲海を見た。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b109

二十五菩薩に到着し、今日の安全をお願いする。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b112

安峰山山頂の旧展望台が見えました。

展望台付近の木々が切られ明るくなった感じで見晴らしもよくなっているようです。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b113

9時44分安峰山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

安峰山の山頂は以前より明るくなり、北方に新しい展望台も作られていて、いい感じでした。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b117

新しく作られた北展望台。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b118

新しい展望台からは、写真では見難いが黒部五郎岳、笠ヶ岳、穂高連峰が望めました。

281218%e5%ae%89%e5%b3%b0%e5%b1%b121

新しい展望台からは乗鞍岳も望めた。

北アルプスの展望を楽しんだ後下山しました。

********

飛騨市は今話題の映画「君の名は」に登場する街で、「瀧が三葉を探しに来た」気多若宮神社の裏にある安峰山へ雲海を見に登りました。

北飛騨の中心飛騨市古川町は城下町のたたずまいを今に残す観光の街であり、街の東側にある安峰山は、古川町の人たちの暮らしに深くかかわってきた山で、古川祭り(おこし太鼓)の終わった後、「あとふき」と称し、安峰山に登って祭りの残りのごちそうを食べ、酒を飲み直したそうです。

昔は、五月二十五日に二十五菩薩の祭りが行われ、安峰山を慕う心が続いていたが、近年は朝霧を眺める山として注目されだした。

登山口まで行くには、気多若宮神社へ向かい左側の道を進んで行き、墓地を通り過ぎ林道を登って行くと左側に登山口がありここから登山を開始する。

登山道はジグザグになったスギの林の道をを少し登り、道はコナラの林になり、しばらく歩くとアカマツが混じるようになり、尾根道になると五合目に着きました。

 尾根の右側に付けられた緩やかな登山道を登って行き、20分ほどで道は左に折り返し、再び尾根道となり二十五菩薩に着いた所が標高1000m地点です。

二十五菩薩から少し登ると八合目に着き、右側の尾根へ取り付き登ると安峰山の山頂に到着しました。

安峰山の山頂には東屋と展望台があり、古川の街や猪臥山や白山が望めます。

山頂から北側へ行くと、新しく作られた北展望台があり、ここからは雲海と乗鞍岳、穂高連峰、笠ヶ岳、黒部五郎岳等が望めました。

噂に聞いていたが新しい展望台からの光景は見応えあって良かった。

今日も安峰山の神様に見守られ無事下山できました「安峰山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 9:41 PM  Comments (0)

小川路峠からヤッホー

  幻の国道256号線(秋葉街道)の峠へGO

小川路峠 (おがわじとうげ) 1642m

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a0

2016年12月11日長野県飯田市の小川路峠をめざしました。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a001

国道256号線(秋葉街道)の脇にある一番観音様のお堂。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a002

9時35分長野県飯田市千代の七番観音様付近のアンテナが立つ空き地から単独で登山開始。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a012

汗馬沢に着きましたが展望はあまり良くありませんでした。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a024

二十一番観音がある堂屋敷に到着。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a029

火ぶり場に着く。

天然のカラマツの大木が印象に残った。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a037

小川路峠に到着。

山頂という感じがしませんが何時ものヤッホー ( -。)<<<<

峠からの展望はイマイチなので西側のアンテナが立っていた跡地へ向かい休憩。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a041

アンテナが立っていた跡地から望む中央アルプス。

281211%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e8%b7%af%e5%b3%a045

小川路峠の東側のピークから望む南アルプスの絶景を楽しみ下山しました。

********

小川路峠は飯田市の東部にあり、秋葉街道(国道256号線)の名を持つこの峠は、「登り下り5里」と言われるほどの長い道のりの峠です。

小川路峠の麓から一番~三十三番の観音様の石仏が随所に祭られていて、最初は道幅3m程度のゆったりとした緩い登りの林道で、金毘羅様の道標を過ぎてしばらく進むと林道から登山道となりました。

樹林帯の道を歩いて行くといつしか十六番観音のある「汗馬沢」に着く、昔ここには数件の茶屋があり、最盛期には一日あたり百頭以上の牛馬や人の往来があったそうです。

峠への道はすべて山の西側にあり、所々で中央アルプスの山並みを望みながら登ると、二十一番観音が祭られている「堂屋敷」に着き、さらに登って行くと二十五番観音が祭られている「火ぶり場」に着いて小休止し峠をめざしました。

 「火ぶり場」から樹林帯の中を1時間くらい登ると峠に着き、ここが三十三観音が祭られた小川路峠で、江戸時代から大正まで続いていた茶屋「花屋敷」があったそうです。

峠からの展望はイマイチなので西側のピークに以前アンテナが立っていた跡地へ登ったら中央アルプスが望めました。

アンテナの立っていた跡地で昼食を済ませ、今度は小川路峠の東側のピークにある南アルプス展望台へ登り、雪に覆われた南アルプスの光景を満喫して下山しました。

今日も秋葉街道の観音様に見守られ無事下山できました「秋葉街道の観音様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので4649!

Filed under: 山登り — masao 9:40 PM  Comments (0)

猪臥山からヤッホー

 雲海と北アルプスは絶景!

  にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ  にほんブログ村のランキングに参加中なので登山バナーをクリックしてチョダイ!
にほんブログ村

高山市清見町の猪臥山へ登ろうと思い、卯の花街道の猪臥山トンネル南側の登山口駐車場まで着き、登山準備をしている時に昨年お客さんのTさんに「畦畑の小鳥峠側の林道から登って望める北アルプスと雲海が最高」と言われた事を思い出し猪臥山トンネル南側から登るのをやめて、小鳥峠へ向かいました。

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b101

小鳥峠から猪臥山へ向かう林道からの光景。

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b107

猪臥山の山頂直下の駐車場に車を駐車し、鳥居を潜り猪臥山の山頂へ向かう。

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b116

駐車場から10分くらいで猪臥山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b115

猪臥山の山頂から白山連峰を望む。

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b118

猪臥山の山頂から御嶽山を望む\(^o^)/

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b119

猪臥山の山頂から乗鞍岳を望む\(^o^)/

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b120

猪臥山の山頂から穂高連峰を望む\(^o^)/

281204%e7%8c%aa%e8%87%a5%e5%b1%b121

猪臥山の山頂から立山連峰を望む\(^o^)/

********

お客さんのTさんが言われていた猪臥山からの雲海と北アルプスが望めて満足でした(車で山頂直下まで登る鈍ら登山でしたが)

Filed under: 山登り — masao 7:49 PM  Comments (0)