新たに2種類の野菜を植え付け

 タマネギとナバ菜を植え付ける

ホームセンターでタマネギの苗を150本購入して植え付けました。

ナバ菜(オリ菜)を苗床で種から育て植え付けました。

天気予報では明日から雨なのでしっかり根付く事を期待します。

タマネギ、ナバ菜よ無事に冬を越してちょうだい!

Filed under: 農園 — masao 8:09 PM  Comments (2)

発芽率98%

  やっとでニンニクらしい🌱が出揃う

60個の球根を植えて59個芽を出したので、土が乾かぬようにワラを被せる。

98%の発芽率で初心者としては最高か?

うまく冬を越す事を祈ってます。

 

Filed under: 農園 — masao 5:51 PM  Comments (2)

白山 御前峰からヤッホー

 開山1300年の山で紅葉を楽しむ

大倉山 (おおくらやま) 2039m 7回目 1・2・3・4・56・7

白山 御前峰 (はくさん ごぜんみね) 2702m 6回目 1・2・3・45・6

GPSを忘れて登山口に着いたので今回は行程の地図はありません。

6時3分岐阜県の白川村平瀬の白水湖の畔にある登山口から単独で登山開始。

登山道から東方を眺めると遠くに雲海や御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰が望め右側の間近に白水涸が見えます。

8時11分大倉山避難小屋に着きましたが、この辺りの紅葉と黄葉は真っ盛りで綺麗でした。

大倉山避難小屋付近のナナカマドの紅葉\(^o^)/

真っ赤で今年最高の紅葉です。

紅葉の向こうは2度登った別山。

白山 御前峰を眺めましたが手前の紅葉も綺麗です。

11時15分白山 御前峰の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

白山 御前峰の山頂は大勢の登山者でいっぱいで標柱の所で写真を写すのも順番待ちでした。

早々に昼食を済ませ下山。

白山 御前峰から室堂に戻りましたが、ここも大勢の登山者でいっぱいでした。

カングラ雪渓から白山 御前峰を望む。

特徴のある大きな瘤のダケカンバの大木と白水涸は絵になります。

********

今回は、開山1300年の白山へ紅葉を楽しみに登りました。

白山は加賀の白山と呼ばれるように、石川県側から登るルートが一般的だが、今回は岐阜県の白川村平瀬から大倉尾根を登る平瀬道から登りました。

ブナ林の登山道は変化に富み、避難小屋もあって安心して楽しめる登山道で、秋の紅葉は白山へ登る登山道で一番美しいと言われてます。

登山道はブナ林の中のよく整備された階段の道から始まり、しばらく登って行くとダケカンバの木々も生えていて、白水湖を眺めながら登ると道は尾根道となり、傾斜も緩くなり眺望も開けてくる。

右側には三方崩山や白山御前峰や白山剣ヶ峰が見えてくる。

南側(左側)が崩壊した見晴らしのよい尾根を進み、大倉山の山頂直下を通過して、少し進むと大倉山避難小屋に着く。

大倉山避難小屋から鞍部まで下り大倉尾根の最後の登りとなり、やがてカングラ雪渓に着き白山御前峰や白山剣ヶ峰が間近になってくる。

エメラルドグリーンの白水湖を眼下に見ながら急坂を登り切ると平坦な登山道となり、やがて室堂に着きました。

室堂で小休止して白山御前峰に向かいましたが、何故か足がまともに上がらずバテバテ(先行馬がゴール手前で足があがった状態)で他の登山者に抜かれぱなしで恥ずかしい思いをして白山御前峰の山頂に無事着きました。

白山御前峰の山頂は大勢の登山者で一杯でゆっくり休めず、食事を急いで済ませ下山しました。

山頂手前のバタバタは老化の始まりか?(笑)

大倉山付近の登山道から見れた紅葉は真っ盛りでとても綺麗で感激でした。

白山の神様に見守られ無事下山できました{白山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

 

Filed under: 山登り — masao 10:34 PM  Comments (2)

やっとで芽が出た!

ラッキョウとニンニクが🌱を出し、ニラを植え付ける

ラッキョウのタネ球を植え付けて約1ヶ月経ったらやっとで芽が出ました。

嬉しくて少し肥料を蒔く。

花が出ていたので切り取った。

ニンニクのタネ球を植え付けて約1ヶ月経ったらやっとで芽が出ました。

成長はラッキョウより少し遅い感じです。

ニラの苗を手に入れて植え付けました。

******

作物の成長は遅いが草の成長は早くて大変で~すf(^^;) 

Filed under: 未分類,農園 — masao 7:47 AM  Comments (2)

木曽駒ヶ岳からヤッホー

 山の神と中央アルプスの名峰へ

中岳 (なかだけ) 2925m

木曽駒ヶ岳 (きそこまがたけ) 2956m

 

2017年10月1日長野県木曽郡の中岳木曽駒ケ岳をめざしました。

9時31分長野県駒ケ根市赤穂の駒ケ岳ロープウェィの千畳敷駅より山ノ神と2人で登山開始。

山の神も張り切って木曽駒ケ岳の山頂へ向かったが、この後、思わぬ事態になる・・・・

登山道から見下ろす眺めはこんな感じ。

千畳敷カールの紅葉は少し茶色ぽくイマイチのような気がする(オイラの目がこえてるのか?)

千畳敷カールを登って行く登山者。

千畳敷カールは大勢の登山者の為、渋滞状態です。

この後、八丁坂辺りで山の神は体調不良でダウン(剣ヶ池で待つように指示し急いで木曽駒ケ岳の山頂に向かう)

稜線の乗越浄土からの展望ヽ(∇⌒ヽ)(/⌒∇)/

11時9分木曽駒ケ岳の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

木曽駒ケ岳の山頂は360度の大展望で3年前に噴火した御嶽山が印象的でした。

360度の展望を眺めて後、剣ヶ池で待つ山の神が心配(TELでは連絡済)なので早々に下山開始。

乗越浄土から千畳敷カールを見下ろす。

千畳敷カールの剣ヶ池まで下山。

山の神の体調は回復してましたのでヤレヤレ┐(´-`)┌ 

*******

バスとロープウェィの待ち時間にビックリしました。

登りの待ち時間は、菅の台バスセンターでバスに乗車するのに1時間30分以上、しらび平でロープウェィに乗車するのに1時間30分でした。

下りの待ち時間は千畳敷駅でロープウェィに乗車するのに1時間40分以上、しらび平駅でバスに乗車するのに10分待ちました。

待ち時間だけで約5時間で山へ登るより疲れました(笑)

木曽駒ケ岳の千畳敷はカール地形で、氷河期の名残である。

東方には南アルプスが正面にどっしりと一望でき、遠くには富士山が望めた。

登山口から八丁坂を通過し乗越浄土までは整備された登山道ですしたが岩がゴロゴロしていたので転倒や落石に注意して登りましたが、山の神は体調不良で八丁坂でリタイヤし、千畳敷カールの剣ヶ池で待機していました。

八丁坂を登り切り、乗越浄土に着くと正面に中岳、右に伊那前岳、左に宝剣岳等が望め、正面の中岳へ向かいました。

中岳には大きな花崗岩の岩が幾つもあり、ここを通過して鞍部いったん下りを登り返すと木曽駒岳の山頂に着きました。

山頂の展望は360度の大展望で、南アルプス、八ヶ岳、北アルプス、御嶽山、三沢岳が望め、特に3年前に噴火した御嶽山が印象的だった。

今日は剣ヶ池で待つ山の神が心配だったので、山頂でゆっくり展望を楽しまず早々に転がるように下山した。

木曽駒ケ岳の神様に見守られ無事下山できました「木曽駒ケ岳の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 9:58 PM  Comments (4)