常念岳からヤッホー

  槍と穂高の大展望を満喫

常念岳 (じょうねんだけ) 2857m

3回目 12・3

2018年8月19日長野県松本市の常念岳をめざしました。

5時41分長野県安曇野市穂高牧の一ノ沢登山口より単独で登山開始。

登山口から4時間ほど一ノ沢沿いの登山道を登り稜線に着くと目の前に、このような素晴らしい絶景が現れる。

11時7分常念岳の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

常念岳の山頂からの展望は360度の大パノラマで、今日は立山連峰から穂高連峰までの間が望め大満足でした。

常念岳はオイラが選ぶ絶景の展望のベスト20に入る山です。

常念岳の山頂から横通岳、大天井岳、燕岳、立山連峰などを望む。

常念岳の山頂から水晶岳、鷲羽岳などを望む。

常念岳の山頂から槍ヶ岳、大喰岳、南岳などを望む。

常念岳の山頂から穂高連峰を望む。

この光景を見たくて登山口から5時間登って来ました。

北アルプスの展望を十分満喫して常念岳から下山途中に常念岳の山頂を振り返り、その後登山口まで戻りました。

********

登山口から一ノ沢左岸を登って行くと、トチの木の大木のそばに祀られた山ノ神に着き、ササの生い茂った樹林の登山道を進むと、右側に小さな池がありやがて大滝に着き、この辺りから登山道の傾斜が増し、笠原沢出合に着いた。

笠原沢を過ぎると沢沿いの登山道から樹林帯になり、胸突八丁と呼ばれる急な階段をジグザグに登り一ノ沢源流を渡り左に巻くように進むと常念乗越に着きました。

常念乗越からの展望は、登山口から4時間程度歩いてきた登山道の光景と一変し、槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳が望め、素晴らしい光景でした。

常念乗越で小休止してジグザグで岩場の登山道を登って行くと、巨石が積み重なった所があり、そこが常念岳の山頂でした。

常念岳の山頂からの展望は360度の大展望で、今日は立山連峰から穂高連峰の展望が素晴らしかった。

オイラは常念岳から望む穂高連峰の光景が好きで大満足!

常念岳の神様に見守られ無事下山できました「常念岳の神様ありがとうございました」

********

詳細は後日ヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 9:18 PM  Comments (0)

60代からの元気の源

 黒ニンニクの自家製造

黒ニンニクは健康維持に効果がある(コレステロール低下・抗酸化・滋養強壮・老化防止・精力アップ・風邪予防・ノロウイルス予防など)と知り自家製の黒ニンニクを作りました。

昨年の秋に植え付けたニンニクを梅雨入り前に収穫。

収穫したニンニクを陰干し。

生のニンニクを黒ニンニクに加工する時に臭いがするので野外にドラム缶を加工してその中に炊飯器を備えた。

炊飯器の蓋を開けるとこんな感じ。

大きい方の炊飯器はこんな感じで10日間程度熱で加工。

ニンニクの水分が出るので新聞紙で水分を吸収する。

水分が出なくなったら小さい炊飯器に移して4~5日熱で加工。

約15日間程度過ぎたらニンニクの皮を剥ぎこのような状態で熱を加えて水分を取り好みの硬さにして出来上がり。

*******

このようにして作った黒ニンニクを毎日一かけらの半分を食べ健康維持に心がけています。

Filed under: 珍品 — masao 1:59 PM  Comments (0)