高頭山からヤッホー

 播隆上人の生誕地から登る二等三角点の山

高頭山 (たかずこやま) 1203m

2018年11月4日富山県富山市の高頭山に登りました。

9時0分富山県富山市河内の熊野川ダム上流にある播隆上人の生誕地を通り、9時9分熊野川第三発電所ゲートより単独で登山開始。

熊野川第三発電所の鉄管の横を登り高頭山をめざします。

登山道の脇は色づき秋真っ盛り。

11時20分高頭山の山頂に到着。

ヤッホー ( -。)<<<<

高頭山の山頂はブナ林の中にあり展望はありませんでしたが、ブナの安らぎを感じながら昼食を済ませ下山しました。

********

高頭山は槍ヶ岳開山で知られる播隆上人の生家だった所を通り登る二等三角点の山です(子供の頃に登ったかもしれません)

播隆上人の生家があったとされる所の碑に立ち寄りその後、熊野川第三発電所のゲートの所まで車で行き、駐車場に駐車して登山準備しました。

駐車場の横に登山口があり、最初はしばらくスギ林の中の急な階段の登山道を登り、鉄塔の横を通ってしばらく登ると、熊野川第三発電所の導水管(鉄管)の横を歩く登山道となり、しばらく鉄管を見ながら登り左側の登山道へ向かいました。

再び鉄管のある所まで行き、鉄管を越えると三枚滝と高頭山の分岐に着き、左側の斜面を登り尾根まで出ました。

標高1000m辺りから落葉樹の樹林帯をトラバースぎみに登り稜線に出ると,ゴヨウマツの大木があり美しいブナ林えお登ると前頭と呼ばれるピークになるが、ここの頂は踏まず鞍部に下り、最後の登りを登り切ると高頭山の二等三角点があり、その少し奥のブナ林の中に高頭山の看板があった。

高頭山の山頂はブナ林の中で展望は望めませんでしたが、林の中で心を癒されながら昼食を済ませ下山した。

高頭山の神様に見守られ無事げざんできました「高頭山の神様ありがとうございました」

********

詳細はヤマレコに書き込みましたので宜しく!

Filed under: 山登り — masao 9:25 PM  Comments (0)