ヘッドライトの「黄ばみ」「くすみ」をプロの技術で解消!

 

ヘッドライトの黄ばみ、くすみをプロの技で解消!

■輝き復活!

・愛車の外観が若返る!

・鮮明な”光”が蘇る!

 

■明るさアップ!

・視界良好!

・バルブ本来の性能発揮!

・車検時の光度不足解消!

 

 

■ヘッドライトの黄ばみ、くすみの原因

近年の車両のヘッドランプの素材には、ポリカーボネート樹脂が採用されています。
ポリカーボネート樹脂は、 紫外線を受けると化学変化を起こし、茶褐色に変化します。
一旦表面に形成されると、基材の劣化は抑制されます。

通常樹脂表面には紫外線を吸収する層を設けることで耐候性を高めていますが、その吸収層の劣化とともに、基材が徐々に化学変化を起こし、変色、表層割れ(表面に発生する微細なヒビ割れ)を起こします。

表層割れは、汚れの堆積による黄ばみ、くすみの原因となり、光度不足の原因となります。

 

■ライトレンズリフレッシャーProとは

・変色したポリカーボネート樹脂製レンズの外側表面を磨き、その上に特殊コーティングを施してレンズ表面を修復することにより、レンズの輝き及びライトの光度を復活させ、なおかつその輝きを持続させるものです。

・ペーパー掛けを行うことで、表層割れ及び隙間に入り込んだ汚れを取り除き、コンパウンドで磨くことでレンズ表面の透明度を高めます。

・さらに、コーティング・レンズ保護被膜を形成することで、紫外線を吸収し、耐擦傷耐候性を発揮します。

(硬度約3H 耐候性約1~3年)。

 

■保護コーティング剤の特徴

 

本商品の保護コーティング剤(プロテクトコート)は、振動やゆがみ、伸縮に対する耐クラック性能を高め、また被膜形成を容易にした新しい多機能ポリマーで、下記のような特徴があります。

・撥水性の被膜で付着した汚れが落としやすくなります。
・ポリシロキサンを主成分とした完全無機質の保護剤です。
・紫外線(UV-A及びUV-B)吸収剤を配合しています。
・硬度約3Hの被膜を形成しながらも柔軟性に優れています。
・耐熱性、耐摩耗性、耐薬品性に優れています。
・常温で硬化する為、加熱設備が不要です。

■施工方法

ヘッドライトクリーニング施工事例

雁川原自動車では、皆様の愛車のヘッドライトリフレッシュを行っております。お気軽にお問い合わせ下さい!
 

電話:0577-34-7154  ファクス:0577-34-8108